TOP > ニュース 一覧

【Krush】菅原美優、涙の初戴冠に「夢叶ったんだ」と歓喜、今後は「誰が見てもかっこいい存在に」

2020/11/28(土)UP

試合後のインタビュに応じた菅原、普段のSNSでおなじみ「キュンです」のポーズで笑顔

 11月27日(金)東京・後楽園ホールで開催された『Krush.119』でMOE(若獅子会館)を下して、第3代Krush女子アトム級王者に輝いた菅原美優(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)が試合後のインタビューに応じた。

 菅原は、同門のK-1王者であるKANAも巻いたKrushの王座獲得を目指し、今年7月の準決勝では、優を判定で下して念願の決勝戦まで駒を進め、本日の決勝戦に臨んだ。

 試合はMOEのパンチに対して、菅原は自身の武器である前蹴りを中心とした攻撃を見せる。中盤にはバッティングの注意を受けてしまうが、冷静に試合を進め、随所で自身が「練習してきた」という右ストレートをヒットさせた。見事判定勝利し、ベルトを獲得して同門の先輩・KANAとの約束を果たした。

試合を振り返る菅原

 試合を終えて「とりあえず勝ててよかったです」と安堵の表情を見せた菅原。MOEと対戦して、「もっと(相手が)来るかなと思ったけど、もう少し攻め切れたらいいなとは思いました」と、もう少しアグレッシブさが欲しかったと振り返った。

 試合では「とりあえず(自分は)プレッシャーかけて、(MOEが)対策して来るかなと思ったけど、思ったより何もして来なくて、そういう面ではやりやすかったです」とアマチュア経験豊富なMOEを相手に、戦いやすかったという。

右ストレートを伸ばす菅原(右)、このパンチに進化の実感も

 この試合で、進化を感じた部分を問われると「そんなないんですけど」と謙虚な姿勢ながらも、「やっと自分のリーチを生かした戦い方ができるようになって来たとは思います。バッティングしちゃったんですけど、3Rは気をつけようと思って、引いて(距離をとって)手だけ出したんですよ。なるべく頭使って。そしたら自分のパンチが当たって、向こうのパンチは当たらないんだなと思って、発見はありました」と長身を活かした、自身のスタイルも固まってきた様子だ。

 今回の試合では終盤に、右ストレートでMOEの顔面を捉える場面もあった。そのパンチについては「全然覚えてなかった」と自身で効果的に当てたという認識はなかったが、「(MOEが)鼻血出ていて、セコンドの方にも(パンチが)当たってると言われてて、右ストレートは練習していたので良かったです」と自身の練習の成果を感じることが出来た。

憧れのKANA(左から2番目)や左右田(左)、城戸(右)も祝福した

 ベルトを手にした際の感情を問われると「ベルトは欲しいというのもあったけど、それより負けたくないのが大きかったです。すごい嬉しいですけど、試合終わった解放感というか『あー』という感じで何も考えられなかったですね」と振り返る。

 Krush王座戴冠というKANAとの約束を果たして、ハイタッチを交わした時は「凄い嬉しかったです。言葉にあまりできないんですけど、『夢叶ったんだ』みたいになって、嬉しかったです」と喜びが溢れたという。

 今後の王者として理想像を聞かれると「まだまだ見るからに超弱そうなので、もっと男らしくじゃないけど、堂々とKANAさんみたいな、誰が見てもかっこいいと思われるような存在になりたいです」と今後の展望を話した。

●編集部オススメ

・【Krush】菅原美優が涙の初戴冠でKANAとの約束果たす

・菅原美優が計量パス、パンチ強化で「腕の筋肉ついた」ベルトに王手

・菅原美優、得意な蹴りに加えパンチ強化「パンチでも勝負したい」

・【Krush】壽美が女子王座トーナメント参戦、王座戴冠後は「KANA選手と誇りを持って戦う」=1.23

・JKファイターMOEが計量パス「制服は最後かな、女子高生のうちに王者になる」=王座T決勝

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧