TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】朝倉未来、平本vs萩原は「眼中なし」 斎藤裕に「負ける気しない」とリベンジ宣言

2021/01/01(金)UP

大みそか、大胆にリングインした朝倉未来

 12月31日(木)にさいたまスーパーアリーナにて開催された『RIZIN.26』で、弥益ドミネーター聡志(30=team SOS)と対戦して、見事に1RKO勝利した朝倉未来(28=トライフォース赤坂)が試合後のインタビューに応じた。

 大学院卒の弥益と、少年院に入っていたこともある朝倉の戦いは、異色の”院卒対決”としても注目された。朝倉にとっては、11月に斎藤裕に王座決定戦で敗戦して以来の試合となった。

試合を振り返る朝倉

 試合は、1Rに朝倉は強烈な左の前蹴りで、弥益のボディを抉ってペースを掴む。さらに、朝倉は左ストレートをヒット、最後に左ハイキックをクリーンヒットさせて、圧巻のKO勝利を収めた。

 フィニッシュのシーンに至るまでに経緯については「三日月蹴りが効いた時に、入るだろうなと思って、ボディアッパーからの左ストレートを打った」と振り返る。敗戦からの復帰戦を勝利で飾ったため「安心しました」と安堵の表情を浮かべた。

 弥益については「強かったですよ。国内トップ選手だと思いました。変則的な動きの中にノーモーションの強い右ストレートを的確に出してくるので、そこは注意しました」と相手を称えつつ、警戒した部分を明かした。

朝倉と同階級では、クレベルが圧倒的な勝利を見せ、インパクトを残した

 今大会で、朝倉と同じ階級で盛り上がる試合が組まれていた。萩原京平vs平本蓮の試合は、大きく取り上げられていたが「刺青の2人の対決はレベルが違うのでまだまだ早い。眼中にない」とバッサリ。第9試合で、カイル・アグォン(SPIKE22)にダースチョークで、一本勝ちを収めたクレベル・コイケ(ボンサイ柔術)は「強かった」と印象に残ったようだ。

 前回の敗戦を経験して「格闘技に対しての覚悟が足りなくて、11月あの結果になってしまった」と振り返る朝倉。その敗戦の要因の1つは、自身のアグレッシブさが欠けていたことだという。今回の試合では「リスクはあるけど、攻めて1RでKOできた」と手応えを感じた結果になった。  

朝倉のハイキックがクリーンヒットの瞬間、KO勝利した

「自分からの仕掛けも大事で、11月から肉体的には強くなってないけど、精神面で二段階くらい強くなったかなと思いますね」と精神面でも、進化を実感。「来年は真剣に向き合って、フィジカルやったり、弟のようにボクシングをやったりしたいです。これまで何もしていなかったので」と更なる自信のレベルアップに取り込んでいく構えだ。

 見据える先は、11月に敗戦した斎藤へのリベンジだ。「斎藤選手とリベンジマッチはしたいので、正直負ける気はしないですね」というように、リベンジの手がかりは確実に掴んでいる。

●編集部オススメ

・【RIZIN】朝倉未来が復活KO勝利、弥益を左ハイキックで斬って落とす

・【RIZIN】元KSW王者クレベル・コイケが鮮烈一本勝ち、山本美憂の“夫”アグォンを極める

・パウンドTKO勝利の萩原京平、元K-1戦士・平本蓮の打撃は「大したことなかった」

・武尊、那須川天心戦を「来年実現させる」RIZINでもK-1でもない中立のリングで

・【RIZIN】榊原CEOが武尊vs天心に言及、21年“期待を裏切る”戦略とは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧