TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】田中恒成、敗因の一つは”熱くなった”井岡一翔の「来いよ」の手招き

2021/01/12(火)UP

2度目のダウン後、熱くなり攻め続ける田中

 昨年大みそか「WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ」で4階級王者・井岡一翔(31=Ambiton/同級王者)に挑んだ3階級王者の田中恒成(25=畑中/同級1位)は8回TKO負けで王座獲得に失敗したが、この試合について田中は自身のYouTubeで振り返っている。
 前編、後編と分け、昨夜11日に後編がアップされ、ダウンしたこと、KO負けの心境、その後、井岡と話した会話など20分にわたり語った。

ダウンする田中に上から「来いよ」と手招きする井岡(Naoki Fukuda)

 井岡との技術的な差や負けの要因を語った田中、そのうちの一つに井岡が仕掛けたメンタル攻撃があった。それは2度目の左フックでのダウン(6R)でのこと。
「パンチもらって綺麗に(仰向けに)ゴロンと転んだときに井岡さんはこう(手招き)してましたね。”まだ出来るだろ、もっと来いよ”みたいな」
 倒れた田中をその場で立ったまま上からジッと見下ろした井岡、田中は井岡の顔を見上げた。すると井岡は「来いよ!」と手招きし、きびすを返し自身のコーナーで試合再開を待った。

倒れた田中をジッと見下ろす井岡(別角度)

 立ち上がった田中は「そのときレフェリーにまだまだ行けると言ったのではなく、その先にいる井岡さんを見て言った」と語る。試合が再開されると田中は再び攻めに行った。
「それ(手招き)がなくても、多分、前に行ってたと思いますが、それをされて、足を使おう(アウトボクシング、ヒット・アンド・アウェイなど)なんて選択肢になるわけがない。自分の性格上のもの」と普段、試合でもムカつくことのないという田中だったが、これには熱くなってしまったようだ。
「試合でムカつかない俺の感情をコントロールされてた」とも。

立ち上がり、戦う意思を見せた田中に、井岡の気合の入った表情

 その手招きが試合でマイナスになった点は「そのときは2度のダウンを奪われ勝つにはKOしかないと思った。とにかく行く、ボディで攻める、それだけしか頭が働いてなかった。だから”来いよ”って言われた時に”言われんでも行くわ”ってそう言う気持ちになった」と猪突猛進的になり最後までディフェンスが甘くなりKO負けに繋がった理由の一つとして語った。

 田中は「練習をやりきってこの試合に挑んだので後悔はない、やった結果が出る、なるようになると、そこまでやりきったから、あとは運命に任せるぐらいに思えた。それでも負けたのだから認めるしかない」と負けを受け入れる。動画でも「悔しい」と口にした田中。この経験を経てさらに強くなった田中の再起戦にも期待したい。

▼田中が大みそか決戦を語る(後編)田中恒成チャンネル

●編集部オススメ

・井岡一翔の左フック一閃、田中恒成に8RKO勝利

・井岡の表彰式で目立ちすぎのラウンドガールは、まさかのミスマガジン

・井上尚弥が、あのKOパンチの練習動画を公開”これは死ぬレベル”(動画あり)

・井岡一翔がタトゥーを入れた理由、日本の考えに疑問も

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧