TOP > ニュース 一覧

“人類最強の男”ヒョードルが新型コロナ感染、嗅覚を失い肺炎も無事に退院へ

2021/01/22(金)UP

ヒョードルがコロナ感染を報告。写真は19年日本での引退試合、第一弾の時のもの(c)Bellator

 総合格闘技界のレジェンド、エメリヤーエンコ・ヒョードル(44=ロシア)が、新型コロナウィルス感染の為、入院していたと、21日にロシア国営通信社『タス通信』を含む複数の海外メディアが報じた。

『PRIDE』時代は“人類最強の男”との愛称も持ったヒョードルだが、関係者筋によると、今月9日に嗅覚を失うなど発熱。新型コロナウィルス感染としてロシア首都モスクワにあるコロナウィルス感染専門の病院に入院した。両側性肺炎との診断も受けたが、近く退院する流れ。

日本での引退試合でランペイジにKO勝ちする瞬間※19年12月=(c)Bellator

 ヒョードルは21日に自身の公式SNSに「私の健康について心配をしてくれる皆様、誠にありがとうございます。現在は元気で快方に向かっています。担当した医者、医療スタッフの方々にも感謝の気持ちを伝えます」とのメッセージを投稿した。

 ヒョードルは既に引退を表明しているが、ベラトールとの間に3試合の引退ツアー契約を結んでおり、第1戦目は日本で19年末にランペイジ・ジャクソン(米国)と対戦しKO勝ちしたが、コロナ禍の為に2戦目は実施できていない。

 ベラトールのスコット・コーカー社長は、コロナ感染拡大の収束が見えたら、21年にベラトールのロシア開催を行い、その大会でのヒョードルを出場させると発言していた。引退第2戦の実現を待ちたい。

●編集部オススメ

・【フォト】トランプ前大統領の隣にヒョードル

・ジョシュ・バーネットがヒョードル引退試合に名乗り

・【BELLATOR JAPAN】ヒョードル、日本ラストマッチで圧勝KO飾る「世界のファンにありがとう」と感慨

・【元気ですか!!】2011年大晦日大会、ヒョードルが年越し寸前に石井をKO!

・【テレビ】UFCコナー・マクレガーvsダスティン・ポイエー、生中継、放送情報=1.24ひる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧