TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】井上尚弥の対戦相手は誰? SNSでは井岡、那須川らを推す声=2.11代々木

2021/01/22(金)UP

井上尚弥(19年11月ドネア戦)

 2月11日(木・祝)東京・代々木第一体育館で開催されるチャリティーボクシングイベント『LEGEND』(レジェンド)の発表記者会見が21日都内にて行われた。

 このイベントは「新型コロナに負けない、リアルエンタテインメントを!」という合言葉の元にスタートする、新型コロナウイルスと戦う医療従事者や患者の方々を支援するチャリティーイベントとして行われ、出場選手は「エキシビションマッチ」形式で、現役スター選手だけでなくレジェンドファイターが参加する。

21日、今大会の会見でコメントする井上尚弥

 ルールは、「3分3Rで、勝敗のつかないスパーリングの形式に則ったもの」としながら「両陣営やコミッションと相談しながら、ヘッドギアの有無や、グローブの大きさなど最終的な形式を決めてゆく」と言う。

 記者会見にはWBA、IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(27=大橋)、WBA世界ライトフライ級スーパー王者・京口紘人(27=ワタナベ)、元WBO世界フライ級王者・木村翔(32=花形)の現役選手3名が登壇し参戦を表明。

 井上は自身の対戦相手について「近くの階級のチャンピオンには一応オファーを出している。実現するかは相手陣営の答え次第」とした。
 対戦相手は日本人限定とされるため、1階級上にはIBFスーパーバンタム級暫定王者の岩佐亮佑、1階級下には、スーパーフライ級で大みそかに対戦したWBOで王者の井岡一翔がいる。

登壇した左から木村、井上、京口

 登壇した木村は「井上尚弥くんと井岡一翔選手が見たいです」と言うと井上は苦笑しながら手を挙げ「僕も見たいです、それは」と積極的だ。木村は井岡とやりたいと話したが「僕はそのあとでいい」とした。果たして井上vs井岡の夢の対戦はあるのか。

 この大会は『LEGEND』であえるだけに、OBの参戦として元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者・内山高志(41=ワタナベ)、元IBF世界ライトフライ級王者・八重樫東(37=大橋)の参加が発表されている。

 レジェンドのOBの中で見たいカードとして京口は「子どもの頃からずっとテレビで見ていた長谷川穂積選手と山中慎介選手を見たいっす」と、一ボクシングファンとしての顔を見せ要望した。

那須川天心(右)と井上尚弥(左)が初対面でファイティングポーズ(19年8月 那須川天心のツイッターより)

 エキシとはいえ、ボクシングの夢のカードが一挙に揃いそうな今回のイベント、井上は「ファンの皆さんが希望するカードをSNSなどで上げてもらって、想像を膨らませたり『このカードが観たい』という意見を出してほしい」とファンがどんどんマッチメイク案を出してほしいと語る。
 このイベントの後、井上は自身のSNSで「皆さんは誰と誰のスパーリングが観たい?」と募集した。
 すると、コメント欄には大みそかの影響もあってか井上尚弥vs井岡一翔やボクシングへの転向を表明しているvs那須川天心の名が目立った。
 他には大みそかに井岡と対戦した田中恒成、昨年世界を獲った中谷潤人、OBでは内山高志、山中慎介、長谷川穂積の名があったが、vs井上戦以外では、那須川天心vs武居由樹(K-1王者からボクシングに転向)を希望する声もあった。
 夢のカードは想像するだけ多く出てくるが、果たしてこのイベントでどれだけ実現することができるか。

●編集部オススメ

・井上尚弥vsX、京口紘人、木村翔ら豪華チャリティマッチが決定

・井上尚弥と那須川天心が初対面

・内山高志が4年ぶりリングへ「恥ずかしい姿を見せないよう仕上げます」=2.11代々木

・那須川天心、次の目標はボクシング世界王者、狙える階級には井上尚弥から悪童ネリ、ロマチェンコまで強豪多数

・井岡の表彰式で目立ちすぎのラウンドガールは、まさかのミスマガジン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧