TOP > ニュース 一覧

井岡一翔タトゥー問題にJBCが処分を発表

2021/01/22(金)UP

昨年大みそかでの井岡の左腕のタトゥー

 JBC(日本ボクシングコミッション)は22日、大晦日決戦でタトゥーを露出させて試合を行ったWBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔(31=Ambition)に対して「厳重注意」の処分を下した。

 井岡は昨年の大晦日、大田区総合体育館で開催されたWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチで同級1位の田中恒成(25=畑中)を迎えて2度目の防衛戦を行ったが、意図せずに試合中、自身のタトゥーが露出したことでJBCから処分を予告されていた。井岡は試合前にJBC立ち合いのもとファンデーションなどでタトゥーを隠す措置を施していたが、汗などで時間の経過とともに薄れてしまった経緯がある。 

練習中のタトゥーはさらに濃く見える=19年6月の公開練習にて

 21日、倫理委員会を開催し討議したJBCは、22日午後にHP上に処分理由として「同選手は、令和2年12月31日、世界タイトルマッチ出場の際、入れ墨を隠す塗布物が剥がれ落ち、左腕の入れ墨が露出したまま試合を続行した。このことはJBCルール第95条2号に抵触するものであり、当財団は井岡一翔選手を厳重注意処分とする」と発表。

 JBCルールに抵触すると討議されたタトゥー問題だが、JBCの処分は「厳重注意」「戒告」「制裁金」「没収」「ライセンス停止」「ライセンス取り消し」と6段階ある中、最も軽い「厳重注意」と判断された。

 世紀の一戦となった激闘に水を差す形となったタトゥー問題は「厳重注意」で幕を引くこととなった。(植田洋介)

●編集部オススメ

・井岡一翔がタトゥーを入れた理由、日本の考えに疑問も

・井岡の表彰式で目立ちすぎのラウンドガールは、まさかのミスマガジン

・井岡一翔の左フック一閃、田中恒成に8RKO勝利

・高野人母美が計量パス、背中あらわに「黒豹タトゥー」

・井上尚弥の対戦相手は誰? SNSでは井岡、那須川らを推す声=2.11代々木

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧