TOP > ニュース 一覧

【RISE】元西武・相内誠のデビュー戦の相手は“殴り合い上等”のモンゴル戦士「しっかりと打ち合って勝つ」

2021/01/27(水)UP

会見に出席した相内

 2月28日(日)神奈川・横浜アリーナにて開催される『RISE ELDORADO 2021』のカード決定会見が27日都内にて行われ、元プロ野球選手・相内誠(あいうち・まこと/26/フリー)の対戦手が、モンゴル出身のDelgermuru拳信王(デリゲルムルン・ケンシンハン/31/FLAT UP)に決定したことを発表した。
 スーパーライト級(-65kg)の3分3ラウンドで行われる。

 相内は元埼玉西武ライオンズに所属。2012年にドラフト2位で入団し、145kmのストレートと多彩な変化球を武器に活躍した。昨年11月3日に西武から戦力外通告を受け、同12月25日のRISEの会見でプロデビューする事が発表されていた。
 元々プロ野球に入る前から野球と並行してキックボクシングのトレーニングをやっていた相内。一時は進路を迷うほどだったが、キックの世界に再度足を踏み入れた。そして今回、相内のプロキックデビュー戦はいきなりの国際戦となった。

長いリーチから強烈なミドルキックを蹴り込む拳信王

 相手のDelgermuru拳信王(デリゲルムルン・ケンシンハン/31/FLAT UP)は身長175cmのサウスポー。3勝5敗の戦績で1年半ぶりの試合となるが、モンゴル選手特有の“殴り合い上等”のガンガン前に出るファイターだ。初めてリングに上がる相内にとって、危険極まりない相手となる。

 RISEが提案した複数の対戦候補の中から自らこの危険な相手を選んだ相内だが「(相手の試合)動画を観たが、すごく打ち合っているのが、印象的だった。小さくないこの選手としっかりと打ち合って、勝ちたいと思った」とし、日本人とではない国際戦についても「正直、誰でも、国籍も、関係ないかなと。面白い試合をして、相内誠というファイターとしての第一歩を踏み出せたらなと思います」と全く臆する様子はない。

会見で「相内誠というファイターとしての第一歩を踏み出す」とデビュー戦の意気込みを語る相内

 相内は自分が望む戦い方を“面白い試合”と表現し「しっかりと打ち合う。逃げっていうのは一切出さない。常に攻めてしっかりと打ち合って、最終的にはKO勝利するのが理想」と説明した。

 試合の準備については、体力作りから始め、スパーリングや技術的なものはここ最近やっており、詳細は明らかにしなかったものの、185cmという中量級では高身長のアドバンテージを活かせる動き・技の練習を行っていることを明らかにした。

 対戦相手のDelgermuru拳信王からは「格闘技は甘い世界じゃない。それを教えてやろうと思う」とのメッセージが届いたが、昨年の会見で「やるからには頂点」とプロ野球出身者初の王者になることを宣言した相内が、第一線で活躍したその身体能力でどこまで戦えるのか、1ヶ月後の初陣に期待が寄せられる。

▶︎次ページ(動画あり)は、Delgermuru拳信王の試合映像(18年5月のRISE142のKENTA戦)

●編集部オススメ

・【RISE】元西武の相内誠が本気のキックデビュー「やるからには頂点」=2.28横浜

・【RISE】那須川天心vs志朗が決定、元プロ野球・相内誠が電撃デビュー=2.28横浜アリーナ

・田中恒成、まさかのプロ並み”ミドルキック連打” 動画公開、ムエタイ会長もスカウト!?

・那須川天心がカーフで負けたマクレガーの欠点を指摘

・【RISE】那須川天心vs志朗の横浜アリーナ大会は上限5000人、20時までの時短と発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧