TOP > ニュース 一覧

亀田興毅が新ジム設立「ボクシング界に新たな形を」ライブ配信アプリ構想などプロモーターにも意欲

2021/03/01(月)UP

日本ボクシングコミッション(JBC)から交付されたオーナー&マネージャーライセンスカードを見せ記念撮影する亀田興毅

 元世界3階級制覇王者の「亀田3兄弟」の長男、亀田興毅氏(34)が1日、亀田氏の地元大阪、西成区に「3150ファイトクラブ」を開設した。

 亀田氏はこの日、会見を行い「3150ファイトクラブの会長に就任しました、亀田興毅です」と力強く挨拶した。

 このジムは、19年12月に協栄ジムを離れ、無所属のままだった弟で元世界2階級制覇王者の亀田和毅(29)の受け皿として開設したと新ジム開設の理由を語った。
「まだまだ和毅は29歳で若いし、トップクラスの選手やから、ここを拠点に頑張ってもらいたい」と意気込む。和毅はこのジムに所属し国内そして世界へと打って出る。和毅からは「また日本で試合ができるのは嬉しい。兄ちゃんありがとう」と言われたことを明かした。

両手を大きく広げ、決めポーズをする亀田興毅

 ジムは父で元トレーナーの亀田史郎氏(55)がアマチュアジムとして使用する同施設で行う。父とは別運営となるが、今後、新会長としては「昨年から親父のYouTubeでプロになるまでの選手を育てているのもあり、選手たちの受け皿みたいなものを作ってしっかり稼げるようにしていきたい」と話した。

 具体的にはプロモーターとして月一回の興行やライブ配信アプリ構想などが飛び出した。
「ボクシング界に新しい形を作り出すしたい」と話す亀田。地上波に頼らず、投げ銭のできるライブ配信の17LIVE(イチナナ)、アベマ、Youtubeを例に出し、媒体を駆使して新しい企画などで広めていきたいという。

 そして「プロモーターでも世界一になれたら」「関西のボクシング界を盛り上げて、日本全体のボクシングを盛り上げていきたい」とプロモーターとしての夢も語った。

取材・写真:植田洋介

●編集部オススメ

・亀田と元暴走族総長が一触即発に「ここでやんのか!」

・亀田への挑戦者・ホスト「金的だけはかんべんして」

・高野人母美が計量をクリア、背中あらわに「黒豹タトゥー」

・カネロが3回TKO勝利、相手はその強さに呆然、次戦は5月サンダースと統一戦

・【RIZIN】大晦日、皇治は亀田興毅と対戦か?「お猿さん、大晦日リングの上で会いましょう」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧