TOP > 試合結果 一覧

【ボクシング】カネロが3回TKO勝利、相手はその強さに呆然、次戦は5月サンダースと統一戦

2021/02/28(日)UP

カネロ3回TKO勝利で防衛に成功した(C)DAZN

 2月28日(日・日本時間)、世界4階級制覇王者でPFP1位のサウル”カネロ”アルバレス(30=メキシコ)のWBC世界スーパーミドル級&WBA世界同級スーパー王座の防衛戦が米ラスベガスにて行われ、WBCの指名挑戦者でWBC同級2位のアヴニ・ユルドゥルム(29=トルコ)を3回終了時TKO勝利で防衛に成功した。

 試合は序盤両者ジャブで伺うが、カネロはジャブからボディブローに繋げる。ユルドゥルムもボディブローを返すが空を切る。ユルドゥルムの顔の前にグローブをおいた固い構えが、わき腹に隙を生み、カネロのボディブローが何度も入る。

 2Rから、カネロの手数はさらに多くなり、アッパーで顎を跳ねさせ、ボディ、フックと次々に入れて行く。ユルドゥルムはほとんど手数を出さず、出してもカネロにかわされてしまう。

 このラウンドが終わり、ユルドゥルムのコーナーが映し出され、ジョエル・ディアストレーナーが”しっかりバックステップして2〜3発返せ”という様なゼスチャーをしながら熱く話すもユルドゥルムは横を向き、それどころでは無いという感じだ。

カネロの右ストレートがガードの隙間から豪快にクリーンヒットした瞬間。(C)DAZN

 3R、相変らず、フックとボディブローで責め続けるカネロ。そしてユルドゥルムのガードの間をカネロのワンツー右ストレートがクリーンヒットしダウンを奪う。
 ユルドゥルムは立ち上がり、反撃に移るも続かず、最後までカネロの攻撃が続いた。
 何とかこのラウンドをしのいだユルドゥルムだったが、インターバル中、トレーナーが「もう1ラウンドだ、大丈夫か?」と強い口調で問いかけていたが、ユルドゥルムは呆然といった様子で、ついに陣営が棄権を申し出、カネロのTKO勝利となった。

 カネロの次戦は5月8日、WBOスーパーミドル級王者ビリー・ジョー・サンダース(31=英)との統一戦とリング上で発表された。

▶︎カネロの”豪快”右ストレートでのダウンシーン

●編集部オススメ

・カネロが計量パス、フェイスオフで火がついた? アッパー3発のシャドー連打

・【見逃し再生あり】今回の”カネロ”アルバレスの試合=2.28

・【テレビ】井上尚弥が豪邸を新築、引越し祝いでコストコ爆買いの中身は?=2.28ジャンクスポーツ

・【UFC】ヘビー級転向のジョン・ジョーンズの“肉体改造”に黄色信号!?「こんなパンチじゃ、ヘビー級の本物は倒せない」とアンチが揶揄

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧