TOP > ニュース 一覧

【K-1】金子晃大が順調な仕上がり、再起戦に武居由樹が返上の王座見据え「インパクトある勝ち方する」=3.28武道館

2021/03/04(木)UP

金子が再起戦に向け、公開練習で順調な仕上がりを見せた(C)K-1

 3月28日(日)「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K’FESTA.4 Day.2~」日本武道館大会に出場し、Bigbangスーパー・バンタム級王者の鬼山桃太朗(21=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)とK-1スーパー・バンタム級のスーパーファイトで対戦する金子晃大(23=K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)が、所属ジムで公開練習を行なった。

 2016年にプロデビューした金子は、無敗のままKrushバンタム級王座を戴冠。王座を返上し、階級をスーパー・バンタム級に変更した後も連勝を9まで伸ばしていたが、1年前の「K’FESTA.3」で玖村将史に初黒星を喫した。今回の鬼山との試合は玖村戦以来、1年ぶりのリングだ。

 公開練習では2分1Rのミット打ちを披露した金子。「コンディションはいいです」と、1年ぶりの試合に向けて順調に仕上がっているようだ。
 この1年ではパワーがついた。「食事とか結構考えて食べていましたね」という以外は特別意識はしなかったそうだが「増やしたというかなんかパワーがついた」と語る。これも敗戦から1年、反省点を改善するための練習に励み続けた成果だろう。

 対戦相手の鬼山に関して「結構ガンガン来てくれるんで、おもしろい試合になるんじゃないかなと思います」と語る。1月のインタビューでは、パンチで前に出るスタイルの自身とは「絶対に打ち合う展開になるから盛り上がるし、負けられないのでいい試合になる」と発言。熱戦を予感させていた。

強烈なハイキックをミットに食い込ませる金子、再起戦まで2週間あまり

 また、今回の試合のテーマは「穏やか」とのこと。アグレッシブに来ることが予想される鬼山に対しても、「熱いところは熱くして、穏やかなところは穏やかに」と迎え撃つ。冷静に試合を分析しながらここぞという時に行く。これまで金子は10戦のうち4度のKO勝ちがあるが、全て2Rから3RのKO勝ちだ。この穏やかな部分もバランスよくプラスされ、正確なヒットと、さらにKOに繋げるファイトスタイルにも期待される。

 現在金子が戦場とするK-1スーパー・バンタム級戦線は、前王者の武居由樹がボクシングに転向したため王座が空位。当然、金子の狙いもスーパー・バンタム級のベルトにある。

「早くタイトルに絡んでいけたらいいかなと思っています。インパクトのある勝ち方をして、ベルトに向けてやっていこうかなという感じです」と、空位となった王座獲りへ照準を定めている。そのライバルになりそうなのが、初黒星の相手でもある玖村将史。同じ大会で試合をするが、「もうやっていこうという感じですね」と、リベンジも視野に入れ、今回の再起戦にかける。

▶︎次ページは(動画)金子の猛攻、そして衝撃の流血のKO勝利の映像

●編集部オススメ

・【K-1】K’FESTA.4が2週連続開催に、武尊vsレオナは日本武道館で=3.21,3.28

・【K-1】愛鷹亮が元AKB佐藤すみれと結婚・妊娠発表「世界で1番強いパパになります!」

・K-1王者・武尊がRISE王者・白鳥大珠とガチスパー「武尊選手と打ち合っちゃダメ」(白鳥)

・【K-1】K-1王者・武尊が大晦日RIZIN登場の理由と21年抱負を語る、結婚宣言も

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧