TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】元K-1王者 武居由樹がデビュー戦へ計量パス「しっかりリカバリーして明日に備える」

2021/03/10(水)UP

武居由樹がバキバキの腹筋で計量パス=大橋ジム提供

 311日(木)に開催される『フェニックスバトル.76』(後楽園ホール)の前日計量が10日、都内にて行われ、スーパーバンタム級(-54.5kg)6回戦でプロボクシングデビューする、元K-1ワールドGPスーパーバンタム級王者の武居由樹(24=大橋)と、対する高井一憲(34=中日)は共に54.4kgでパス。明日の試合を待つのみとなった。

 武居は自身のSNSで「54.4kgで計量クリア!しっかりリカバリーして明日に備えます!K-1から変わらず応援してくれる人たちのためにもバチッと勝ちます!」と勝利宣言した。

武居と対戦相手の高井が計量後に絞った身体でガッツポーズ(武居由樹Twitterより)

 武居は高校時代にボクシング部を経てキックボクシングに転向しK-1王者に。キックでは14年にプロデビューし、15年から負けなしの20連勝(15K0)を重ねた。そして昨年12月にボクシング転向を表明。プロボクシング元世界3階級制覇王者・八重樫東トレーナーに指導を受け、今年18日にプロテスト(B級)に合格したばかりだ。
 先月行われたLEGENDではスパーリング大会ではあったが元世界王者の木村翔に対し互角以上の戦いを見せただけに明日のプロデビュー戦が期待される。

 対する高井は17年の中日本バンタム級新人王。戦績は6勝(3KO73分。武居のK-1時代の豪腕が唸るか。

 また、メインイベントではラスベガスで2連勝中のIBF世界スーパーライト級12位・平岡アンディ 24=大橋) が木村文祐 33JM加古川/日本スーパーライト級15位)と対戦する。

☆この大会の対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・【テレビ】武居由樹ボクシング・プロデビュー戦の放送・中継情報=3.13深夜

・【LEGEND】木村翔、武居由樹との一戦に「俺の判定負け、フルラウンドなら…」今年世界目指す

・まさに“悶絶級”米トップランク社が選ぶボディブローBest10映像を公開! 亀状態で這いつくばる衝撃シーンも

・“美ボディ戦士”ケイト・ロータスが黒ビキニで計量パス「明日は沸かせる」

・高野人母美が計量をクリア、背中あらわに「黒豹タトゥー」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧