TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】王者・浜崎朱加「研究されていた、一本、KO狙ってたのに悔しい」カンナに第3戦まで”負けないで欲しい”

2021/03/22(月)UP

試合後会見で「しっかり研究されていた」と悔しさをにじませた浜崎

 3月21日(日)愛知・日本ガイシホールで開催された『Yogibo presents RIZIN.27』では、[RIZIN女子スーパーアトム級タイトルマッチRIZIN]が行われ、王者・浜崎朱加(AACC)が浅倉カンナ(パラエストラ松戸)に判定勝利した。
 初防衛に成功した浜崎が、試合後インタビューに答えた。
 
 浜崎は試合結果について「一本やKOを狙っていたのですが悔しい」と判定勝利に残念がる。

”パワーな対策”浜崎得意のアームロックに朝倉は立ち上がり浜崎を持ち上げる

 相手の浅倉について「前回の対戦時より、一回りもふたまわりも大きくなっています。もっと強くなると思うので(女子格闘技の)未来は明るい」と称える。さらに「(浅倉が所属する)パラエストラグループチームに研究されていた。アームロックについてもかなり研究されてたんだなと」と扇久保博正などパラエストラ勢が一丸となった、相手チームの作戦に苦しめられたと言う。

浜崎の右ストレートが浅倉の顔面にヒット

 今回の試合では、浜崎自身は作戦を立てていかなかったと言う。浜崎は「打撃は勝っていたかな。良いのが当たっていたと思うし。(3R最後のテイクダウンも)守りに入るより、最後まで攻めていきたかった」と最後まで倒すつもりで向かいたかったと言う。
 しかし「力みすぎて狙いすぎ、疲れちゃった。1Rで結構体力も削られて、相手の作戦通りに進んでいいたのかな」と試合ペースは読まれていたかもしれないと振り返る。

ベルトを防衛した浜崎

 今後について「今回の試合で逆にモチベーションが上がりました。自分がまだまだだなと思ったので、もっとがんばらないと。カンナ選手も強くなっていたので、まだまだ負けられない気持ちが自分の中に残っていました。また2人が成長したらやってみたいです。(浅倉にも)それまで負けないでほしい」と浅倉との3度目の対戦も視野に入れると語った。

●編集部オススメ

・浜崎朱加が浅倉カンナの猛攻を振り切り初V、「メチャクチャ強くなっていた」と浅倉を称賛

・“激怒”スダリオ剛が秒殺KOも、過剰な追撃に両陣営乱闘寸前に

・サトシ・ソウザは元パンクラス王者・徳留にも圧巻の一本勝利「RIZINのベルト欲しい」と歓喜

・DEEP王者・武田がパンクラス王者・久米との大激闘を制す「RIZINでトップになりたい」と歓喜の号泣

・クレベル・コイケが鮮烈一本勝ち、摩嶋一整を三角絞め葬

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧