TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】井上尚弥6.19ラスベガスが濃厚、場所確定で正式発表へ=IBF1位ダスマリナス戦

2021/03/26(金)UP

試合は6月19日が濃厚になった2団体統一王者の井上尚弥(Photo:Naoki Fukuda)

 WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(27=大橋)の次戦が6月19日(土)にラスベガスでほぼ決定したようだ。
 井上が契約する米大手プロモーション会社TOP RANKのボブ・アラムCEOが6月19日に開催と答えたと、本日26日に米ボクシングメディア『The Ring』が報じた。米国のESPNで放送されるという。

 ただし、場所は確定しておらず、「観客動員数が最重要課題で、MGMにするか、マンダレイベイにするかは、それ次第。上記が確定してから、正式発表する」と答えている。

 その井上の対戦相手はIBFからの指名挑戦者で同級1位マイケル・ダスマリナス(28=フィリピン)。
 報道では当初、日本での開催が予定されていたとのことだが、アラム氏は「日本では入国から14日間の隔離期間を経て試合に挑むことになるが、それは難しい」とし、前戦に引き続きラスベガスでの試合となった。
 アメリカの場合は入国後、3~5日以内に検査を受け、その後7日間は自宅待機が推奨とされている。

井上は前戦、アメリカでモロニーに右ストレートで KO勝ち=20年11月(getty/efight)

 井上は前回2020年11月1日の試合ではジェイソン・モロニー(オーストラリア/WBA2位、IBF4位※当時)に7回 KO勝利で統一王座を防衛、戦績は戦績を20勝(17KO)無敗に伸ばした。
 対するダスマリナスはサウスポーの選手で戦績は30勝(20KO)2敗1分。15年にWBC世界スーパーフライ級ユース王者になり、18年4月には米ボクシングのマイナー団体IBO世界バンタム級世界タイトルをKOで獲得している。19年10月26日にフィリピンでTKO勝ちして以来、コロナ禍もあり試合ができていない。

 アラム氏は、これに勝てば、井上が昨年4月に対戦するはずだったWBOタイトル同級王者のジョン・リエル・カシメロ(フィリピン)との統一戦を再検討する可能性を示唆。WBC同級王者ノルディーヌ・ウバーリ戦との統一戦も含め「6月に(井上が)試合のためにこちらに来るときに、すべてを話し合うことになるだろう」と述べている。

▶︎次ページは井上尚弥のダウン&KO集、海外での貴重なインタビュー含む

●編集部オススメ

・(動画あり)井上尚弥がモロニーにKO勝利、統一王座の防衛に成功

・井上尚弥と那須川天心が初対面

・井上尚弥のパンチはなぜ倒れる? 自身が語る”打撃力だけではない”強さとは

・ぱんちゃん璃奈 試合1ヶ月前のマッチョボディも「相手決まってない、美白サプリ飲む、期待して」

・【ボクシング】タイソン、プロモーターとトラブルか!? ホリフィールド戦は5.29「実現を確信している」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧