TOP > ニュース 一覧

RIZIN王者・斎藤裕、扇久保に続き修斗のベルトを返上、RIZIN GP参戦が理由か

2021/04/01(木)UP

斎藤裕が修斗の世界王座を返上

 第10代世界フェザー級王者・斎藤裕(33=パラエストラ小岩)が2021年3月末付けで同王座を返上した事がISC(インターナショナル修斗コミッション)より昨日31日に発表された。これにより、同王座は空位となる。

 斎藤は自身のSNSでコメントを発表「この度、修斗フェザー級のベルトを返上することになりました。このベルトが自分を成長させてくれて、嬉しいことも苦しいことも全て蓄積していきました。現役王者としてRIZINに送り出してくれた、坂本代表には感謝してもしきれません。更なる高みへ精進していくのみです」と綴っている。

 斎藤は昨年11月に初代RIZINフェザー級のベルトを朝倉未来と争い、見事戴冠。今年秋から始まるRIZINフェザー級グランプリに参戦の方向だ。

斎藤が返上したベルト(@yutakasaito1008より)

 5月から始まるRIZINバンタム級グランプリに参戦する扇久保博正(34=パラエストラ松戸)も、今年1月31日に修斗世界フライ級のベルトを返上した。
 扇久保は「このベルトを返上するのは辛いが、次にベルトを巻く人に貸し出すぐらいのつもりでいるので。僕の挑戦が終わったらこのベルトを必ず取り返したい。修斗には一度返上して離れることになりますが、またベルトを取り戻したいと思ってます」と語っていた。

宇野薫にパウンド連打し修斗の王座を防衛した斎藤裕=17年4月

 このベルト返上が続くのは防衛期間の間に試合ができないことが大きいようだ。修斗ではタイトル獲得後、原則として以後1年以内ごとににランキング1位の者と指名試合(防衛戦)を行わなければならないというルールがある。RIZINのグランプリにはトーナメントに勝ち上がると1年近く試合と準備に縛られてしまうため、修斗の試合、それも同級1位の実力者との戦いは怪我などのリスクがあり、出場は困難だ。

 昨年11月にはシンガポールの格闘技団体ONEに参戦している第10代修斗世界バンタム級王者、佐藤将光(33=坂口道場一族)が同王座を返上した。
 佐藤の当時の返上コメントは「ONE Championshipへの参戦が決まってからはなかなか修斗で試合をするタイミングが作れず、心苦しくもありました。王座を返上することで修斗のバンタム級が更に盛り上がっていくことを願っています」としていた。

 元修斗世界王者たちが別団体の大舞台で更に活躍していくことを願いたい。

●編集部オススメ

・RIZIN王者・斎藤裕がアンチに本音「試合するから黙っとけ」

・【修斗】宇野薫17年ぶり戴冠ならず、斎藤裕が圧倒防衛

・(動画あり)朝倉未来が遂に敗れる! 斎藤裕が初代フェザー級王者に

・ミルコ・クロコップが“激似”18歳息子とのツーショット写真掲載「若い頃の写真かと思った」ファン騒然

・【ボクシング】元3階級王者リナレスのタイトル戦が決定、無敗王者ヘイニーから王座奪取なるか=5.29ラスベガス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧