TOP > ニュース 一覧

【テレビ】『空手バカ一代』50周年にHDリマスター版を地上波初放送「この作品の”力”見てほしい」(梶原氏長男)=4.6〜毎週火

2021/04/04(日)UP

大山倍達の実話をもとに漫画化された空手バカ一代がHDリマスター版を地上波初放送が決定した。
©梶原一騎・つのだじろう/講談社・TMS

 1971年から『週刊少年マガジン』にて連載された梶原一騎原作の『空手バカ一代』。今年で50周年だ。そして1973年よりアニメ化されたこの作品を東京のテレビ局『TOKYO MX』が4/6より毎週火曜日に約1年かけ地上波で放送することが発表された。
 この作品のHDリマスター版としては地上波初放送となる。

『空手バカ一代』は極真空手の創始者・大山倍達をモデルにした空手漫画で、実在するプロレスラーや格闘家、弟子たちの活躍まで描かれ、多くのスターを生み出した。

 さらに1973年10月3日〜1974年9月25日まで約1年にもわたってアニメ化され、NET系列(現テレビ朝日)で放送された。戦後の焼け跡の混乱から天下無敵の空手の星を志し、国内外で多くの強敵を打ち勝って、空手の一大ブームを巻き起こした。

 この放送実現には50周年を記念して『空手バカ一代企画室』が梶原一騎氏の長男の高森城(たかもり・じょう)さんを中心に立ち上がり、働きかけてきたことが大きい。そのほか50周年イヤーではグッズ製作やイベントなども検討される。この放送が50周年イヤーの第一弾として実現した。

 高森さんにこの放送にあたりその想いを聞くと「ジョーでボクシングを、飛雄馬で野球をはじめた方。その人生に大きな影響を受けた方がたくさんいるでしょう。ただ、この作品が大きく違うのは今なおその世界で影響を受け続ける(敬意をこめ)”空手バカ”が圧倒的に多いということ。50年というこの時に”空手バカ”が捧げたこの道がいかに素晴らしいか、この作品にどれだけ力があったか。半世紀の節目、ぜひご覧ください」と語った。

 あしたのジョーも巨人の星も梶原一騎が原作。その負けても立ち上がる不屈の闘志が空手に注がれた作品だ。世界に極真空手が広がり、現在の空手、格闘技に大きな影響を与えたこの作品を、よりクリアになったHDリマスター版で改めて楽しみたいところだ。

【番組情報】
番組名:~漫画「空手バカ一代」創刊50周年記念~『空手バカ一代』【HD】
放送局:TOKYO MX 東京エリア・地上波9ch〈TOKYO MX1〉
放送日時:4/6(火)より毎週火曜 19:30~20:00 
番組HP:https://s.mxtv.jp/anime/karatebaka/

●編集部オススメ

・【新刊】”力石徹のモデル”山崎照朝氏の評伝に、大山倍達との出会いと別れ、芦原英幸と組手エピソードも

・【訃報】”熊殺し” が異名、猪木とも戦った空手家のウィリー・ウイリアムス氏が死去

・【空手】極真伝説の大山道場の航空写真と道場跡を巡る

・【TV】空手バカ一代HD版再放送と主題歌誕生秘話=山崎照朝氏

・【空手】極真の大会が始まって今日で50年、第1回王者・山崎照朝氏が語る極真ルール誕生秘話

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧