TOP > ニュース 一覧

【シュートボクシング】奥山貴大が再起戦でWMC王者・滝口幸成と対決、二田水敏幸vs内藤啓人も決定

2021/04/17(土)UP

奥山貴大vs滝口幸成が決定(C)SHOOT BOXING

 5月23日(日)愛知・ホテルプラザ勝川にて開催される『SHOOTBOXING 2021 YOUNG CAESER CUP CENTRAL #27 “DEAD or ALIVE”TKO COVID 19』の第一弾対戦カードが発表された。

 SB日本ウェルター級1位・奥山貴大(27=NEX SPORTS/グラップリングシュートボクサーズ)と、WMC(世界ムエタイ評議会)インターコンチネンタルウェルター級王者・滝口幸成(キング・ムエ)が対戦。

 奥山は長らくSB日本ウェルター級トップ戦線で活躍し、2018年6月にはベテランの忍アマラ―を下して5連勝。その後、階級を上げて松倉信太郎に2R KO負けを喫したが、坂本優起に判定勝ちする番狂わせを起こしている。前戦となった2019年4月のUMA戦では敗れており、約2年ぶりの再起戦で勝利を目指す。

キックで攻める滝口、勝利しWMCインターコンチネンタル王者となった(今年4月)

 対する滝口は“90年代名キックボクサー”佐藤孝也氏率いるキング・ムエに所属。今月11日に行われたムエタイイベント『BOM』では、WMCインターコンチネンタル ウエルター級(66.68kg)王者決定戦で勝利しタイトルを獲得。今回がチャンピオンとしての初戦となる。

 その他、スーパーバンタム級(55.0kg)で二田水敏幸(45=NEX SPORTS/SB日本スーパーバンタム級3位)と内藤啓人(22=BELLWOOD FIGHT TEAM/SB日本バンタム級4位)が対戦する。

 二田水は啓人の2人の兄、凌太と大樹にいずれも敗れており、三男狩りでリベンジを狙う。対する啓人はここ数戦は勝ち星に恵まれていないが、前戦となる今年2月のRISEでは選手の欠場を受けて急遽参戦、上位ランカーの良星を相手に善戦する成長ぶりを見せている。

☆この大会のイベント情報はこちら

<決定対戦カード>

▼67.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
奥山貴大(NEX SPORTS/グラップリングシュートボクサーズ/SB日本ウェルター級1位)
vs
滝口幸成(キング・ムエ/WMCインターコンチネンタルウェルター級王者)

▼スーパーバンタム級(55.0kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
二田水敏幸(NEX SPORTS/SB日本スーパーバンタム級3位)
vs
内藤啓人(BELLWOOD FIGHT TEAM/SB日本バンタム級4位)

▼スーパーウェルター級(70.0kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
璃久(志真会館/SB日本スーパーウェルター級4位)
vs
小原俊之(キング・ムエ/J-NETWORKミドル級3位)

▼フェザー級(57.5kg) MAX FCルール 2分3R
土井涼雅(グラップリングシュートボクサーズ多治見)
vs
松井大樹(MEIBUKAIKICKBOXING) 

▼63.5kg契約 SBスターティングルール 2分3R延長2R
長谷川祐也(TEAM FOREST)
vs
有田一貴(THE BODY BOX)

●編集部オススメ

・ツヨカワRENAに新相棒、ベンツG350購入でゲレンデ女子に

・グラマーな52歳 中島史恵、グラビア衣装で初ラウンドガール「シェイプアップ、少し頑張った」

・【K-1】MIOvs菅原美優が実現、キャリア最軽量に挑戦のMIO「期待以上のバチバチ見せる」格上挑戦の菅原は「KOしたい」

・”合氣ック”の大和哲也と”破壊獣”タップロンが大和ジム50周年記念大会で対戦=6.20名古屋

・【フード】トレーニーに嬉しい「カップヌードルPRO」なぜ高タンパク、低糖質が実現できたのか=インタビュー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧