TOP > ニュース 一覧

【DEEP】ミドル級とフェザー級でタイトル戦決定、共にリマッチの王者・水野vs吉村、王者・牛久vs中村=7.4

2021/05/10(月)UP

水野竜也vsジョアンオ・バティスタ・吉村

 7月4日(日)に東京・後楽園ホールで『skyticket Presents DEEP 102 IMPACT』が開催され、ミドル級、フェザー級の2タイトルマッチが決定した。

 ミドル級タイトルマッチで王者・水野竜也(39=フリー)と挑戦者ジョアンオ・バティスタ・吉村(39=TOP 1 FITNESS GYM)が対決。

水野にパンチをヒットさせる吉村 写真提供:DEEP事務局

 水野は186cmの体格を生かし柔道の第一線で活躍、06年にプロデビューしたベテランファイター。08年にはDREAMでミルコ・クロコップ、メルヴィン・マヌーフ、ゲガール・ムサシら世界の強豪と対戦。18年2月、DEEPミドル級チャンピオンに輝いた。

 対する吉村は04年にDEEPでデビュー。2010年から15年までは試合から離れていたが、昨年9月の『HEAT』に出場し1R 73秒でTKO勝利を飾った。

 両者は昨年11月『DEEP 98 IMPACT』のノンタイトル戦で対戦、吉村がパウンド連打で2R TKO勝利を収めている。

牛久絢太郎vs中村大介

 フェザー級タイトルマッチでは王者・牛久絢太郎(26=K-Clann)と挑戦者・中村大介(40=夕月堂本舗)の対戦が決定。

 牛久は2014年のパンクラス・ネオブラッドトーナメントフェザー級で優勝し7戦無敗であったが、8戦目で朴光哲に初黒星。18年5月からDEEPに参戦から5連勝で、昨年9月に王者・弥益ドミネーター聡志を破って王座を獲得した。

牛久にキックを放つ中村(右)

 対する中村は鋭い打撃と腕十字が得意技の大ベテラン。国内ライト級トップクラスで活躍し、所英男や郷野聡寛に勝利を収め、12年にはプロ10年目にしてDEEPライト級王座を獲得。16年からMMAのリングを離れていたが、昨年9月に強打者・長倉立尚を右ストレートでKOに降し4年ぶりの復活。

 両者は今年2月『DEEP 100 IMPACT』のノンタイトル戦で対戦し、中村がヒザ蹴りで2R KO勝利を収めている。

 ミドル級、フェザー級ともにKO負けを喫した王者と、KO勝利した挑戦者による王座をかけてのリマッチとなる。果たして現王者達が意地を見せるか、前戦で勢いづく挑戦者が王座を勝ち取るのか。

<決定対戦カード>

▼DEEPミドル級タイトルマッチ 5分3R
水野竜也(フリー/王者)
vs
ジョアンオ・バティスタ・吉村(TOP 1 FITNESS GYM/挑戦者)

▼DEEPフェザー級タイトルマッチ5分3R
牛久絢太郎(K-Clann/王者)
vs
中村大介(夕月堂本舗/挑戦者)

☆この大会の対戦カード、スケジュール、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・水野竜也とジョアンオ・バティスタ・吉村の前戦(ページ中段/年11月)

・牛久絢太郎と中村大介の前戦(2021年2月)

・【DEEP JEWELS】渡辺華奈が筋肉ボディで計量パス、ボクサー相手に「一本勝ちできるよう頑張る」

・【DEEP JEWELS】話題の美女ファイター ケイト・ロータスがデビュー戦へ純白水着で計量パス

・【DEEP JEWELS】さくらがRIZINに続き計量失敗、緊急搬送で試合中止に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧