TOP > ニュース 一覧

“炎上系YouTuber”ローガン・ポール、伝説アリの“ロープ・ア・ドープ”をマネて440万再生! 「メイウェザーに、これやったら本当に死んじゃう」など揶揄する声が殺到

2021/05/28(金)UP

“炎上系YouTuber”ローガンが伝説アリの“ロープ・ア・ドープ”をマネる!@loganpaulより

 6月6日(日・現地時間)に米マイアミのハードロック・スタジアムにて、元ボクシング世界5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー(44=米国)とボクシングマッチで対戦する世界的人気のYouTuberローガン・ポール(26=米国)が、ボクシング界の伝説的存在で元ヘビー級世界王者のモハメド・アリの動きをマネた映像を自身のSNSで公開した。

▶︎【動画】ローガン・ポールが伝説アリの“ロープ・ア・ドープ”の動きマネ、本家アリの貴重映像も

 25日に公開した映像には「フロイド・メイウェザーを叩きのめすまで後2週間」のメッセージが添付。コーナーポストにもたれるローガンが、両手をロープを掴みバランスをとりながら、スパーリングパートナーの繰り出す連打を避けるというものだ。

 この動きは、「キンシャサの奇跡」として有名なジョージ・ホアマンとの一戦(1974年)でアリが使用した戦術の「ロープ・ア・ドープ」を意識したもの。「ロープ・ア・ドープ」とは、ロープにもたれることで相手の強いパンチの威力をロープに逃がしてダメージを減らす戦法だ。
 今回、ローガンが“マネ”たコーナーを背に両腕でロープを握りながらの動きは、アリが1977年にマイケル・ドークスとのエキシビションマッチで披露した動きのようだ。

メイウェザーvsローガン・ポール(c)FANMIO

 この映像はわずか4日間でなんと440万以上も再生されたが「マジで大爆笑した。6月にこの動きを見せてくれ」「モハメド・アリの安いバージョン」「実際にやったらメイウェザーにガラ空きのボディを打たれるけど、ぜひやってみて」「これやったら本当に死んじゃう」など、多くの揶揄する意見が殺到した。

 今月7日には、公開記者会見の後、弟のジェイクがメイウェザーの帽子を奪い取り、大乱闘の騒ぎとなり、話題を振りまいたが、実際のリングの上での戦いはどのようになるのか。

 その模様は、日本では67日午前10時よりWOWOWライブで生中継される。

▶︎次ページ(動画)は、ローガン・ポールが伝説アリの“ロープ・ア・ドープ”の動きマネ、本家アリの貴重映像も

●編集部オススメ

・【テレビ】メイウェザーvsローガン・ポール戦を日本ではWOWOWが生中継=6.7

・(動画)メイウェザー対戦の“お騒がせYouTuber”ローガン・ポール、今度はMMA挑戦を宣言、UFCトップ選手とスパー&KO映像も

・(動画)メイウェザーが激怒の大乱闘、ジェイク・ポールが口論から帽子を奪い逃走

・(動画)カーフキック“自爆骨折”! メイン王座戦で起きた悲劇=海外MMA

・(動画あり)衝撃KOと動画が満載!イーファイトの“KO&一本”特集ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧