TOP > ニュース 一覧

【柔道】東京五輪カナダ代表を逃した出口クリスタ「スタートラインにも立てなかった。不甲斐ない」

2021/06/09(水)UP

東京五輪カナダ代表の座を逃した出口クリスタ(19年8月撮影)

 6月8日、柔道世界選手権(ブダペスト)3日目が終了し、女子個人戦57kg級ではジェシカ・クリムカイト(24=カナダ)と玉置桃(26=三井住友海上)が決勝を争い、5分2秒で技ありを取り、クリムカイトが新女王となった。
 惜しくも銀メダルに終わった玉置だが準決勝で19年の世界女王・出口クリスタ(25=カナダ=日本生命)と9分を超える激闘、玉置の大外巻き込みでねじ込むと、出口は右肩や右脇腹を畳につきながらもこらえたが、技ありに。(際どい判定からビデオ判定も行われたが覆らず)玉置が勝利した。

▶︎【動画】際どい技判定、この大外巻き込みで技ありに「出口vs玉置 準決勝」

 この結果を受けカナダ柔道連盟は8日、東京オリンピックの女子57キロ級代表に優勝したジェシカ・クリムカイトを決定したと公式サイトで発表した。同階級で代表争いをしていた出口とクリムカイト。当初は5月に直接対決で代表を決める予定でクリムカイトに6戦全勝の出口が有利とされていたが、コロナ禍の影響もあり、この世界選手権で上位者が代表に決定すると変更になっていた。

19年の世界選手権を制した出口クリスタと大野将平が並ぶ

 出口はこの結果に自身のTwitterを更新「スタートラインにも立てませんでした。不甲斐ないです。応援して下さった皆様本当に有難う御座いました」とメッセージを送った。

 出口は長野県出身。カナダ人の父と日本人の母を持つ。長野県で生まれ育ち、柔道の世界ジュニアでは日本代表になったこともあったが、スランプに陥り、環境を変えようと2年前に父のカナダ国籍を選択しカナダ代表に。東京五輪が有力視されていただけに、残念な結果となった。

▶︎次ページは【動画】際どい技判定、この大外巻き込みで技ありに「出口vs玉置 準決勝」

●編集部オススメ

・【動画】際どい技判定、この大外巻き込みで技ありに「出口vs玉置 準決勝」

・【2019世界柔道】初優勝の出口クリスタ、総合格闘技や北斗の拳も好きな日本育ちのハーフ美女

・【2019世界柔道】出口クリスタがライバルの芳田司を破りカナダ史上初の金メダル

・【写真13枚】渡辺華奈の”ムキムキ”マッスル計量写真集

・【柔道】阿部詩が道衣を脱ぎタンクトップ姿で表紙に、モデル&柔道家ビロディドも絶賛

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」、「」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧