TOP > ニュース 一覧

【ONE】元SB王者・内藤大樹がキックルールで中国KLF世界王者ワンと激突「一番欲しいのはONEのベルト」=6.11

2021/06/10(木)UP

元SB王者・内藤が中国強豪ワンと激突!©️ONE

 6月11日(金)シンガポール・インドアスタジアムで事前収録されたONE: FULL BLAST II』にて、キックボクシング・フライ級4位のワン・ウェンフェン(27=中国)と対戦する、内藤大樹(24=BELLWOOD FIGHT TEAM)の試合前インタビューが、主催者より届いた。

 内藤は元シュートボクシング日本スーパーバンタム級王者。19年10月にTKO勝利でONEデビューを果たすと3勝無敗。昨年12月は念願のメインイベントでの登場となったが、元ONEフライ級ムエタイ世界王者のジョナサン・ハガティ(英国)に判定負けした。内藤はこれまで、ONE参戦後の4試合全てムエタイルールでの戦いだったが、今回はキックルールでの再起戦となる。

ハガティーと対戦する内藤©︎ONE

 対するワンは中国の『Kunlun Fight(クンルン・ファイト)』の18年の61.5kg世界トーナメント優勝者。散打やムエタイでの大会優勝の経験を持つ。ONEには19年11月に初参戦し、ONEフライ級キックボクシング世界王者イリアス・エナッシ(オランダ)に挑戦したが、判定で王座獲得に失敗した。前戦では昨年10月にアズワン・チェウィル(マレーシア)に判定勝ちしている。

 内藤は現在のコンディションについて「試合のオファーをもらう前から調子は良かったです。今もとても良いです」と、好調をアピール。

キック部門でランキング4位のワン©︎ONE

 相手のワンの印象について「ステップワークが得意そうで、その中で飛び込んでくるようなパンチを打ってくると思うし、結構回転も早いですし、確実に向かってくるタイプです」と警戒。
 その一方で「細かい打撃、ボクシング技術だったり、蹴りだったり、テクニックは自分の方が高いと思います」と、自信を見せる。

 相手の弱みは“懐に入る近い距離”とし「これは自分にもリスクがあると思うのですが、自分のパンチも当たると思う。インファイトが勝負だなと思っています」といい、「最後は自分が押し切って、勝ちたいと思う。もちろんノックアウトも狙う」と、KO宣言した。

ワン(左)と内藤(右)が激突©︎ONE

 内藤は次の展開として「ワン選手はキックのランキングに入っているので、今回勝てば、ランク入り選手となら、誰でもやりたい。自分が一番欲しいものは、ONEのベルト。一戦一戦、ONEが用意した相手をクリアしていきたい」と、ベルトへの意欲を見せた。

●編集部オススメ

・【ONE】元SB王者の内藤大樹、ハガティに2度のダウン奪われ敗北

・(動画あり)【ONE】レバー直撃の衝撃の1ラウンドKO劇!セーマペッチが一発で元ルンピニー王者クラップダムが悶絶ダウン

・(動画あり)【ONE】“ムエタイ最高峰”タワンチャイが戦慄のハイキックKO!血ダルマの相手が壮絶ダウン

・(動画あり)鮮烈な“横三角絞め”で見事な一本!ロシア美女フェオファノワが7連勝、トルコで人気の無敗タークに勝利=海外MMA

・(動画あり)衝撃KO動画が満載!イーファイトの“KO&一本”特集ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧