TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】朝倉海に挑む渡部修斗、目指すは想定外の試合”カーフキック含め、すべて出したい”

2021/06/11(金)UP

全て出す試合を目指す渡部修斗

 6.13 RIZIN東京ドーム大会。バンタム級トーナメント1回戦で前RIZINバンタム級王者の朝倉海(27=トライフォース赤坂)と対戦する渡部修斗(32=ストライプル新百合ヶ丘)が、試合2日前となる11日、オンライン個別インタビューに答えた。

 日本MMAトップクラスのストライカー朝倉海に挑むグラップラー渡部はこれまで柔道、レスリングをベースに14年に全日本選抜サンボ選手権 62kg級 優勝、17年には第3回コンバットレスリング世界大会 68kg級で優勝、18年にはMMAルールで初代Fighting NEXUSバンタム級王者に。
「マジカルチョーク」と呼ばれるリアネイキッドチョークを得意とし、今年3月のRIZIN名古屋大会では修斗の強豪・田丸匠にチョークで一本勝ちした。MMA成績23勝5敗。

【動画】渡部がパウンドからのバックチョークで一本を取る瞬間(21年3月21日 RIZIN=vs.田丸匠)

 渡部は本日の個別インタビューで「打撃vs寝技という想定になると思いますが、自分も相手も想定していないような展開に持ち込みたい。自分でも全く想定していないような試合がしたい」と話した。そこにはもっと自由に練習時のようにとらわれない状態で実力を発揮したいと言う思いがあるようだ。
「練習では何でもできると言われながら試合だと固く行ってしまう。今回は東京ドームだし、RIZINバンタム級GP、相手は朝倉選手という、注目される試合になると思います。プランはありますが、そこにとらわれずに、自分のやってきたことを全部出して戦いたいです」と話した。

 朝倉は昨年末、堀口恭司にカーフキックを効かされ1Rで負けているが、カーフキックに関しては「カーフが流行る2年くらい前から練習としてずっとやってる。特にプランには入っていないけど、自分で想定していない試合をしたいので出すかもしれない」と語った。

前戦は今年3月のRIZIN。修斗の強豪・田丸匠からチョークで一本勝ちする瞬間

 RIZINがまとめた選手たちの勝利予想、全員が朝倉を予想したが「そりゃそうでしょという感じ。結果は白黒ついちゃうんですけど、勝つためにやってきましたし、格闘技を始めたときから勝つことを意識してずっと練習してきたので、今回の試合直前だからというのではなくて格闘技を始めたときから培ってきたものを出して、結果につなげたいと思います」と語った。多くの予想を覆せるか。

 そして最後に「悔いなくこれまでを全部出したい、そして結果がついてきてほしい、本当にその一心だけです」とまるで今回が選手としての集大成のような発言。朝倉戦で覚悟を語った。

▶︎次ページは【動画】渡部がパウンドからのバックチョークで一本を取る瞬間(21年3月21日 RIZIN=vs.田丸匠)

●編集部オススメ

・【RIZIN】朝倉海と対戦する“雑草魂”渡部修斗、キャリア最大の一番に「活路を見出すのであれば寝技で勝負する」=6.13東京ドーム

・【テレビ 配信】6.13「RIZIN 東京ドーム大会」のTV放送・配信・生中継情報

・【RIZIN】朝倉海、バキバキボディは魔裟斗に勧められた練習から「大晦日より確実に強くなった」

・【写真9枚】2人の女医がビキニとフィジークで堂々の初優勝=マッスルゲート東京

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧