TOP > ニュース 一覧

【K-1】高梨knuckle美穂、前回接戦のMARIに「パンチでぶっ倒し、もう二度とやりたくないと思わせる」

2021/06/24(木)UP

鋭い右ストレートをミットにぶつける高梨(C)K-1

 7月17日(土)福岡国際センターで開催される『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN』。元NJKFミネルヴァピン級王者のMARI(26=ナックルズGYM)と対戦する、元Krush女子アトム級王者・高梨knuckle美穂(28=Y’ZD GYM)が公開練習を行った。

 今回対戦するMARIとは、今年3月の『K’FESTA.4 Day.2』で対戦し、高梨が延長判定2-1で勝利したが、笑顔はなく涙をこぼしていた。

 この日の公開練習では3分1Rのミット打ちを披露し、左右ミドルに得意の左ボディ、右ストレートと強打を披露し、仕上がりの良さを見せた。

元ラジャ王者直伝のミドルを蹴りこむ(C)K-1

 公開練習後のインタビューで高梨は、前回の試合を振り返り「相手のうまさもあって、思うように自分の攻撃が入らずに相手のペースに持ち込まれた。ちょっとモヤモヤしていたのですぐに再戦が決まって嬉しい」と再戦は望む所だと言う。

 手を合わせたMARIの印象については「目が良くてパンチも速くて打ち合いができる。それだけじゃなく、蹴りもできるし、器用な選手」と高評価。「強い相手であることは間違いないので、もっと再戦に向けて気持ちが高まった」とリマッチに燃えている。

 続けて「正直なところ、同じ相手に負けたらどうしようという不安はちょっとあるが、その怖さがあるから練習も気を引き締めて出来ている」と気合いは十分だ。

強烈なパンチをMARIの顔面に叩き込む高梨(2021年3月)

 対戦相手のMARIからは「試合で見せたあのパンチじゃ私は倒れない。逆に私が倒す」と挑発的なコメントも出ているが、それを伝え聞いた高梨は「それなら私が倒したら、私のパンチが強いということが証明される。倒してやろうという気持ちが出てきたので楽しみ」とニヤリ。
「前回以上のパンチを見せられる自信はあるし、そのために今は練習している。前回よりも速くて強いパンチが打てる」と自信をみなぎらせる。

得意の左ボディをぶちこむ(C)K-1

 どのような決着を望んでいるかとの問いには「やはりパンチでぶっ倒してKOするのが理想。完全決着をつけてもう二度とやりたくないと思わせたい」とMARIとの3度目の対戦はないと言い切った。

 MARI戦後については「やはりベルトが欲しいので今回いい勝ち方をして私の階級でもベルトが新設されるように頑張りたい。そのためにも今回も必ず私が勝つ。KOする」と高梨。宣言通りのKO勝利でMARIに完全決着をつけ、K-1女子ミニマム級のベルト新設に近づくつもりだ。

●編集部オススメ

・高梨knuckle美穂とMARIのリマッチ「必ずぶっ倒して白黒ハッキリつけて勝つ」(高梨)=7.17福岡

・伊織もえ、K-1でビキニアーマー姿のラウンドガールとお揃い衣装をSNSアップで話題に

・[前戦の対戦]【K-1】高梨knuckle美穂、MARIと激戦は延長僅差で勝利、笑顔なく悔し涙(動画あり)

・[前戦の計量]【K-1】怒りの高梨knuckle美穂「最高の負け方にしてやる」MARIは「女子らしい試合は求めていない」と真っ向勝負宣言=前日計量

・計量パスのMIO「かわいい子、いじめたくなった」菅原美優「怖いな」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧