TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】皇治、梅野へのバッティングを重く受け止め「自分の実力不足、限界を認めるのも必要」

2021/06/27(日)UP

梅野への謝罪を何度も口にしていた皇治

 6月27日(日)丸善インテックアリーナ大阪で開催された『Yogibo presents RIZIN.29』のメインイベントでは、[RIZIN KICK ワンナイトトーナメント決勝戦(61.0kg)]が行われ、皇治(TEAM ONE)が白鳥大珠(TEAM TEPPEN)に判定3−0で敗れた。

 皇治は1回戦、開始序盤で偶発性のバッティングとなってしまい、相手の梅野源治が続行不能となりノーコンテストに。決着なしの裁定であったが、協議の結果、試合可能な皇治が決勝に上がり、KOで1回戦を突破した白鳥と優勝を争うこととなった。
 決勝は1R、白鳥にダウンを奪われた皇治が前へ出るも、再度のバッティングやローブローと反則を連発。結果、挽回はならなかった。

 試合後のインタビューで皇治は、開口一番「梅野選手、申し訳ありませんでした」と謝罪する。

皇治(奥)の頭が梅野にバッティングの瞬間(拡大写真)

 さらに「受け入れなあかんことがたくさんある」という皇治。
 ”受け入れる”の意味は、批判の他にも「絶対自分なら出来る、やらないとあかんと必死にやってきましたけど。すべてを見返すために頑張ってきましたけど、人生そんな簡単なものじゃないなと。自分の弱さをしっかり受入れて、突き進まなあかんのかなという風にも考えてます」と自身の弱さを受け入れることだと語る。

 バッティングについては「自分の技術不足だと思っています。故意じゃなくても相手にダメージを負わせているというのは、ルール上反則なので。自分の実力の無さやなと思っています」と未熟さを認める。

 ノーコンテストの1回戦後、協議で決勝の舞台へ上がることになった際には「素直に梅野選手に申し訳ないという気持ちが強かったのと、お客さんがたくさん来てくれて、そこで被害者ぶって試合しないというのは違うと思ったので。最後までリングに上がろうと思って戦いました」と自分から逃げないためにも決勝の話を受けたという。

 決勝戦での白鳥については「強かったですよ」と一言にとどめ、1回戦で続行不能になった梅野と再戦したい気持ちはあるかとの問いには「今は戦いたいというより、会ってしっかり謝りたい」と再戦以前の気持ちの問題があるとした。

進退については明言を避けた

 白鳥はインタビューで「皇治選手の試合をまた見てみたい」と語っており、皇治の引退可能性についても言及していた。
 皇治は今後の進退について問われると「ぶっちゃけた話、(トーナメントに出た)彼らは強いですし、(他に)強い選手もたくさんいる。日頃、一丁前なことばかり言ってきましたけど、若い選手たちに盛り上げてもらったなと思っています。自分がこの年まで出来たのも、皆のお陰だと本当に感謝しています」と、引退について否定はしない。

 さらに「梅野選手がああいう風になっているんで、次頑張るとかどうこうとは、全然考えていないですね、今は」と、現時点では進退について考えられないとした。

 インタビュー中、再三梅野への謝罪を口にしていた皇治だが「自分の実力の無さで、限界を認めるのもこれから必要かなと思っています。自分自身この結果をマイナスにとらえずしっかり考えなあかん」とこの経験を糧にしたいと語った。

●編集部オススメ

・皇治のバッティングで梅野が続行不可能、まさかのノーコンテストに

・白鳥大珠が皇治からダウンを奪い完勝、ワンデートーナメント制す

・皇治があわや計量オーバー、梅野も一発パスでマッスルポーズ

・白鳥大珠が圧倒的な初回KO!カーフを効かせた後の猛攻で髙橋亮を撃破

・“天狗になっていた”と反省の皇治、猛練習で強い自信「今まで一番練習した、RIZINでキックを認めてもらう」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧