TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】優勝した白鳥大珠に宿敵・原口健飛が生観戦し辛口評価「圧倒的勝利とはほど遠い。皇治選手をぶっ倒していれば」互いに再戦への心境を語る

2021/06/30(水)UP

今年2月、原口が白鳥に2度のダウンを奪い判定勝利

 6月27日(日)『RIZIN.29』(丸善インテックアリーナ大阪)のメインイベント[RIZIN KICK ワンナイトトーナメント決勝戦(61.0kg)]では、白鳥大珠(25=TEAM TEPPEN/第5代RISEライト級王者)が皇治(32=TEAM ONE)にダウンを含む判定勝利で優勝した。
 今年2月、RISEで白鳥と戦い、後ろ回し蹴りなどで2度のダウンを含む判定勝利を果たした第6代RISEライト級王者・原口健飛(23=FASCINATE FIGHT TEAM)が試合を現地で観戦。試合後にイーファイトのインタビューに答えた。

【連続写真】原口が白鳥からダウンを奪った豪快な後ろ回し蹴りの衝撃の4コマ! 

試合を生観戦した原口健飛

 この試合の感想について「優勝は予想通りでしたが、皇治選手も粘り強いですね、やっぱり。(白鳥)大珠くんはよくやったと思います」と評価。皇治については「弱くないと思うんですよね。もちろん倒されへんというのもあるし、ちゃんとやれば強いと思うんですよね。スタミナもあるし、ガッツもあるじゃないですか。ちゃんと戦えば強いと思うんですけど、何か、ああなっちゃうんですよね」とバッティングや金的攻撃などで試合が中断するなどした点に関し残念そうに語った。

 その皇治にダウンを奪ったことについては「あの時は大珠くん強いなと思ったのですが、それも予想通り。いつもダウンとって判定勝ちが多いので、それも大珠くんらしいというか(笑)」と辛口コメント。

 RIZINで優勝した白鳥と例えば大晦日のRIZINで対戦したいという気持ちはあるかと聞くと「全然全くないです」とキッパリ。

白鳥は皇治が頭から突っ込んで来るところに膝蹴りを合わせる

 その理由を「今日優勝したくらいじゃ、全然まだまだ。優勝といっても圧倒的勝利とはほど遠いじゃないですか。皇治選手をぶっ倒していれば。今年中はまだ早いと思いますけど、あいつがもっと強くなってもらえれば。その方が盛り上がるじゃないですか。お互い強くなって、やっともう1回観れるんや、ってなったらやりたいですけどね」と互いが強豪に勝利し、その機運が盛り上がればと語った。

 一方、白鳥も試合後の会見で、この優勝で原口と再戦の気持ちはあるかと聞くと「常にありますよ。やっぱりやり返したい。現状原口選手があの階級で相手いないって言われてるのも悔しいし、絶対やり返したい。RISEでも大晦日の大きな舞台でもいい。周りが納得したタイミングでもう一回できたら。必ずもう一回やります」と同じく対戦の機運が盛り上がればと語った。

皇治もパンチでアグレッシブに攻めた

 原口に今戦いたい選手を聞くと「GLORY世界フェザー級王者ペットパノムルン・キャットムーカオです」と即答する。「日本人と対戦するなら、どこか(他団体)の有名なチャンピオンとやりたいですね」と語った。

 ペットパノムルンとは今年2月にRISEにて対戦が決定していたが、コロナ禍で流れてしまい、代わりに白鳥との対戦となり原口が勝利した。白鳥との対戦はまずコロナが落ち着いた段階でペットパノムルンと戦ってからになるのではないだろうか。「原口vs白鳥2」の実現は果たしていつになるのか。

■RISEは7月にビッグイベント

53kg級トーナメント1回戦で対戦する滉大(左)と志朗

 そのRISEだが、7月18日(日)にエディオンアリーナ大阪にてビッグイベント『RISE WORLD SERIES 2021』を開催する。
 今のところ原口の参戦予定はないが、この大会の注目ポイントを聞くと「RISE DEAD OR ALIVE -53kg トーナメント」であるという。

「ホンマに日本最高峰の53kg級トーナメントなので、めちゃくちゃすごいと思いますね。1回戦、滉大選手と志朗選手が大阪でいきなりぶつかるので、優勝候補と裏優勝候補が1回戦でぶつかるから、そこは見どころじゃないですか。DoA以外のカードでは、大阪出身の若い子が出たりもしてるし、鈴木真彦選手も出るし。でもDoAのインパクトが強すぎて他のカードが霞んでしまうほど。あと(ワンマッチでは)大雅くんと中村寛。面白いですよね、多分1試合目に持ってくるんちゃうかなと思いますけどね」と期待を寄せた。

▶︎次のページは【連続写真】原口が白鳥からダウンを奪った豪快な後ろ回し蹴りの衝撃の4コマ! そして白鳥が皇治をダウンさせた右フックの4コマ

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【動画】RIZIN6.27大阪大会の全試合をYouTubeで配信、再生数はダントツで白鳥が皇治からダウン奪い勝利した決勝戦

・【RIZIN大阪】全試合動画 ※試合結果一覧ページ=6月27日

・【動画あり】素手ボクシングで衝撃の“5秒殺”KO! プロ格デビューのタトゥー男“ワンパン”でダウン、団体史上2番目の最速記録に

・井上尚弥のボディブローが食い込んでゆくスロー映像が公開「マジでえぐい」など話題

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧