TOP > 試合結果 一覧

素手ボクシングで衝撃の“5秒殺”KO! プロ格デビューのタトゥー男“ワンパン”でダウン、団体史上2番目の最速記録に

2021/06/29(火)UP

BKFC史上2番目最速の”5秒殺”KO!@BKFC

 全米人気の素手ボクシングの格闘技イベント『Bare Knuckle Fighting Championship』(以下、BKFC)は26日(現地時間)、米国フロリダ州にて「『BKFC 18』を開催したが、わずか5秒のKO劇が起きた。
 第1試合となったライトヘビー級マッチのエドゥアルド・コンセプシオン(32=キューバ)とゲイブ・ブラウン(25=米国)の一戦。

▶︎【動画】衝撃の“5秒殺”KO! タトゥー男“ワンパン”でダウン!

 ブラウンは学生時代にレスリングやアメフトの経験はあるものの、プロ格闘技の試合は未経験。日頃から腕力に自信があり、BKFCの試合を観戦して自分ならやれると思ったという。両腕の真っ黒なタトゥーが印象的。

 対するコンセプシオンも同じくプロ格デビュー戦。日頃はフィジカルトレーナーをやっており、腕力と持久力には自信を持っている。

 試合は、赤バンテージのブラウンがゴング&ラッシュで飛び込んだが、青のコンセプシオンが右フック!被弾してグラついたブラウンが右ストレートを出すも、コンセプシオンが右のカウンター!ブラウンの前のめりで崩れ落ちたところを、レフェリーが素早く試合を止めた。試合開始からわずか5秒。オープニングから起きた秒殺KO劇に会場は大爆発した。

団体史上最速の3秒KO劇(BKFC公式インスタグラムより)

 ふらつきながら立ち上がったブラウンが、ストップに不満な態度を見せたが、デビュー戦であることも考えると、妥当なタイミングのストップだろう。

 団体の史上最短KO記録は、昨年11月の「ユリシーズ・ディアスvsドネレイ・ベネディット」で起きた3秒KO劇。ディアスがゴング&ダッシュから強烈な右フックを叩き込み、最速のKO勝利を飾った。

▶︎次ページ【動画】は、衝撃の“5秒殺”KO!プロ格デビューのタトゥー男が“ワンパン”ダウン!

●編集部オススメ

・素手ボクシングで元UFC“妖美女”ゴンザレスが無傷の白星デビュー、相手は顔を腫らす

・全米人気の素手ボクシング大会で、わずか3秒の瞬殺KO劇!(動画あり)

・全米人気の素手ボクシング大会が衝撃KOトップ10を公開、“カメラ返り血”や“史上最短3秒”KOも

・まるでマンガだ!“素手ボクシング”の衝撃KOシーン、カメラ目前で選手が崩れ落ちる

・【動画あり】衝撃KO動画が満載!イーファイトの“KO&一本”特集ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧