TOP > ニュース 一覧

【ラウェイ】佐藤光留が欠場し元SB王者・坂本優起が代打参戦、元パンクラス王者・鈴木槙吾と対戦へ

2021/07/10(土)UP

坂本と鈴木がラウェイ大会の新ルールで激突

 7月22日(木・祝)に東京・新宿FACEで行われるラウェイ興行『LETHWEI×UNBEATABLE』にて、「90kg契約・アンビータブル・ルール※ラウェイの主な違いはオープンフィンガーグローブ着用と判定決着あり)」で鈴木槙吾(35=フリー・ONLY WE/元ウェルター級キング・オブ・パンクラシスト)と対戦する予定だった佐藤光留(41=パンクラスMISSION)の欠場が発表された。

 佐藤は先月6月27日に『PANCRASE 322』で渕上幹斗と対戦し、パウンド連打を浴びて1RでTKO負けを喫したことから、選手の健康と安全を考慮して本大会への出場は見送られることとなった。なお佐藤は次回大会に出場予定だという。

 これを受け、鈴木の対戦相手には佐藤に代わって坂本優起(36※試合時37=シーザージム)が決定した。

ラウェイルールで戦う鈴木、この試合で顎を2か所骨折(左/2019年5月)

 坂本は元SB日本スーパーウェルター級王者で、19年2月以降4連敗を喫したのを機にヘビー級へ大幅階級アップ。ヘビー級では20年12月に内田ノボル、今年4月にチャンに判定勝利、6月にはMAX吉田にTKO勝利と連勝中で、現在SB日本ヘビー級2位にランクする。戦績は49戦33勝(7KO)16敗。
 今回の試合に向けて坂本は「オープンフィンガーグローブ、頭突き有りと過激なルールですが、お客様に楽しんでいただけるように目一杯闘わせて頂きます」と意気込む。

 一方の鈴木は、対戦相手変更にも「僕がやることは変わらないので、なんの問題もありません。試合を受けていただいてありがとうございます」と動じない姿勢を見せた。

素手ボクシングで勝った実績のある右乳(左)と闇愚羅の伊藤風童が対戦

 鈴木は前戦の19年5月にバンテージのみで戦うラウェイルールに初挑戦、キック世界王者のTY・ウィリアムス(キックWKBFK-1ルール世界クルーザー級王者)と対戦したが、アゴを骨折、手術を行った。完治後はプロレスに参戦していたが、格闘技には骨折以来の2年ぶりとなる参戦。この再起戦に勝利を飾ることができるか。

 さらに「アンビータブル・ルール」の2試合が追加決定。70kg契約では素手ボクシングで勝利した実績のあるYouTuberの右乳(GTジム)vs伊藤風童(総合格闘技闇愚羅)。

無差別級では大番と地下格闘技4冠・半田が決定した

 無差別級ではGLADIATORヘビー級王者・大番高明(パラエストラ広島)と地下格闘技4冠・半田勝也(猛者連八幡支部チームキクリン)の対戦が発表された。

 これで、先日発表されたラウェイルールの2試合、渡慶次幸平vsジョナタン・バイエス、東修平vs高木亮と合わせ本大会の対戦カード含む全5試合が決定した。

☆この大会の対戦カード、スケジュールなど詳細

●編集部オススメ

・“リングが聖地”のミャンマーラウェイがラウンドガール登壇を認めた!? 新ルール「アンビータブル」に限りリング上へ

・【テレビ】7.11 ポイエーvsマクレガー3『UFC264』TV生中継・配信・放送情報

・元パンクラス王者・鈴木槙吾がアゴ骨折から2年、再びラウェイに挑戦「戦うのが楽しいから出るだけ」

・渡慶次幸平&東修平の“世界一過激な格闘技” 対戦相手が決定「場内大熱狂!これぞ男の真っ向勝負!」(東)

・【UFC】下馬評不利の中、マクレガーがバキバキ筋肉で計量パス!雪辱の相手ポイエーに「明日の夜、オマエはオクタゴンの中で死ぬ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧