TOP > ニュース 一覧

【DEEP】王者・藤田大和がかつて敗北した伊藤裕樹を挑戦者に迎える、大原樹里は小金翔と対戦、メガトン級で誠悟とSAINTが激突=9.23

2021/07/27(火)UP

藤田大和vs伊藤裕樹

 9月23日(木・祝)に東京・後楽園ホールで『skyticket Presents DEEP 103 IMPACT ~20th Anniversary~』が開催される。

 同大会では[DEEPフライ級タイトルマッチ]で王者・藤田大和(リバーサルジム新宿Me,We)と挑戦者・伊藤裕樹(ネックスイチムエ)の対戦が決定。

両者の前回の対戦では背中に乗るように組み付いた伊藤が藤田をバックチョークで極めた(2019年9月)

 藤田はボクシングでアマチュア5冠を達成し、MMAに転向。プロデビュー戦は17年のRIZINで那須川天心とMMAで対戦し判定負け、同年末にキックルールで再び那須川と対戦しKO負けを喫した。
 その後はDEEPでキャリアを積み、今年2月のDEEPフライ級暫定王者決定戦でMMA王者として初のベルト獲得。前戦は今月のDEEPで、山本聖悟にパウンド連打でKO勝利している。

 対する伊藤はアウトサイダー55kg初代王者。19年5月のDEEP初参戦時には僅か15秒でTKO勝利し話題になった。今年3月のRIZINでも1R33秒でTKO勝利。前戦は今年6月のDEEPで安谷屋智弘に一本勝ちしている。

 両者は2019年9月に対戦しており、その時は伊藤が1Rバックチョークで一本勝ちしている。果たしてベルトのかかった再戦で勝利を収めるのはどちらか。

大原樹里vs小金翔

 また、ライト級ではDEEP同級暫定王者・大原樹里(KIBAマーシャルアーツクラブ)が、ZST同級王者・小金翔(フリー)と対戦する。

 大原は180cmの長身と長い手足を持ち、主戦場のDEEPで国内の強豪選手としのぎを削ってきた鉄人ファイター。昨年9月にはRIZIN初参戦で矢地祐介を破り、今年2月にはDEEPで北岡悟を1R KOで撃破し、武田光司の持つDEEP王座への挑戦に名乗りを上げていた。しかし武田の負傷により、大木良太との同級暫定王者決定戦が今月4日のDEEPで行われ、テクニカル判定で勝利し暫定王者の座を手にした。

 対する小金はアグレッシブなファイトスタイルが魅力のZSTの現役王者。前戦はシュートボクシングルールで、SBのエース・海人と対戦し判定負けを喫している。

誠悟vsSAINT

 メガトン級ではベテラン選手の誠悟(AACC)が、デビュー2戦目のSAINT(Y&K ACADEMY)と激突。

 誠悟は社会人まで柔道で鳴らし、そのパワフルな戦いで“ミスターメガトン”の異名を取る。前戦は今年2月のDEEPで関根”シュレック”秀樹にKO負けを喫した。

 対するSAINTは現在、横須賀米軍基地に勤務しており、今年6月のDEEPでプロデビュー。酒井リョウを1R右フックでKOする衝撃デビューを飾っている。

☆この大会の詳細、対戦カード、チケット情報など

<決定対戦カード>

▼DEEPフライ級タイトルマッチ5分3R
藤田大和(リバーサルジム新宿Me,We/王者)
vs
伊藤裕樹(ネックスイチムエ/挑戦者)

▼DEEPライト級 5分3R
大原樹里(KIBAマーシャルアーツクラブ)
vs
小金翔(フリー)

▼DEEPメガトン級 5分2R
誠悟(AACC)
vs
SAINT(Y&K ACADEMY)

●編集部オススメ

・【テレビ】ボクシング『東京2020オリンピック』TV生中継・放送・ネット配信情報=7.24〜8.8(東京五輪ボクシング)

・【テレビ】柔道 『東京2020オリンピック』TV生中継・放送・ネット配信情報=7.24〜7.31(東京五輪柔道)

・[藤田と伊藤の前戦]伊藤裕樹は藤田大和に一本勝ち(ページ下部)

・【DEEP】大原樹里が大木良太を下しライト級暫定王者、偶発のローブローで勝負はテクニカル判定に

・【DEEP】メガトン級の衝撃KO、酒井リョウがSAINTの右フック一撃で轟沈

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧