TOP > 試合結果 一覧

【DEEP】メガトン級の衝撃KO、酒井リョウがSAINTの右フック一撃で轟沈

2021/06/19(土)UP

デビュー戦のSAINTが右フック一撃で酒井リョウをKO撃破

DEEP事務局
『skyticket Presents DEEP TOKYO IMPACT 2021~1st ROUND~』
2021年6月19日(土)東京・ニューピアホール

▼メインイベント(第12試合) DEEPメガトン級 5分2R
●酒井リョウ(レンジャージム)
TKO 1R43秒 ※右フック
○SAINT(Y&K ACADEMY)

このパンチでSAINTは酒井をノックアウト

 酒井はMMAのみならずキックのリングにも上がるマルチファイター。19年3月にはロッキー・マルティネスのメガトン級王座に挑戦するもKO負け、同年10月には水野竜也に反則負け。昨年2月にはRIZINにキックルールで出場し、実方宏介に敗北と3連敗を喫した。しかし8月には関根シュレック秀樹を2RTKOで撃破し再起を果たしている。

 対するSAINTは現在、横須賀米軍基地に勤務し、今回がプロデビュー戦。フットボールで鍛えたフィジカルで歴戦のファイター酒井に挑む。

酒井はカーフ気味のローキックで快調な滑り出しを見せていた

 1R、フットワークを使う酒井がSAINTを軸に回りながら右カーフキック。追うSAINTは右ストレートを放つも、酒井がヘッドスリップでよける。酒井が下がりながら左右ロー、左ジャブを伸ばすと、逃げる酒井へ放った酒井の右フックが酒井の側頭部にヒットすると、崩れ落ちるように酒井がダウン。動かない酒井を見たレフェリーが即座に試合を止めた。

 デビュー戦を衝撃KO勝利で飾ったSAINTは「私をジャングルの奥地から光のある舞台へ導いてくれたDEEPに感謝します。酒井選手、リスペクトする選手なので勝ててうれしい」と勝利の喜びを語った。そして「自分はアメリカの国技であるアメリカンフットボールをやっていたので、今度は日本の国技である相撲レスラーと勝負をしてみたい」と仰天プランをぶち上げた。

▶︎次ページは、『鈴木琢仁vs石塚雄馬』『鮎田直人vs加藤瑠偉』

●編集部オススメ

・【DEEP】プロレスラー対決は“ランズエンド”RYOが“GLEAT”松井大二郎にTKO勝利、赤尾セイジは清水俊一に判定勝利=4.4大阪

・【DEEP】元アマボクシング5冠・藤田大和がサッカーボールキックでTKO勝利、渋谷を下し暫定王者に

・【RIZIN】45歳・今成正和が公開練習で“達人技”の数々、映像公開で「オヤジの希望の星!」とファン絶賛の声

・【DEEP JEWELS】アトム級GP出場の4選手が計量パス、準決勝は大島沙緒里vsパク、青野ひかるvsにっせー

・【動画あり】衝撃KO動画が満載!イーファイトの“KO&一本”特集ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧