TOP > ニュース 一覧

【五輪柔道】向翔一郎がビデオ判定の一本負け「運を持ってなかった」メダル獲得ならず=90kg級 3回戦

2021/07/28(水)UP

3回戦で敗退した向翔一郎(撮影=19年 世界柔道)

 28日(水)、東京オリンピック男子90kg級では向翔一郎(25=ALSOK)が3回戦で、今年の世界選手権3位のクリスティアン・トート(ハンガリー)に延長戦で一本を奪われ敗退した。
 初戦の2回戦では背負い投げで合わせ一本勝ち、好調ぶりを見せていたが残念な結果となった。

【写真】転がる向に一本勝ちをアピールする相手

  向は延長戦で相手の背中の帯をとり、足技をかけに行くが、その攻防の中で、トートが足を伸ばし大内刈り。その瞬間、向は引き込みながら隅返し(巴投げに似た技)のフォームで畳に転がったが相手に技はかからず、トートの大内刈りを認めるかどうかのビデオ判定に。結果、トートの大内刈りが有効となり一本勝ちとなった。

 試合後、向は「自分の本能のままに柔道ができたということは凄く楽しかったです。(引き込みに行ったように見えたが)仕方ない。それがあったか、無かったか審判が決めること。自分が無かったと言っても審判があると言ったらあるんですよ。それが試合ですから。こうやってオリンピックを開催していただいてありがたい。(前回の世界柔道ではこの武道館で銀メダルだったが)運もある。今回は(運を)持ってなかった。メダルを見せてあげたかったが仕方がない。圧倒的に勝つつもりで来たが」と悔やんだ。

 次は31日の男女混合団体戦にエントリーしている向は「次は団体戦、個人で負けて引きずってチームに迷惑かけられない。日本の為にもしっかり最後までやり切ろうと思います」と語った。

▶︎次ページは【写真】転がる向に一本勝ちをアピールする相手

●編集部オススメ

・【テレビ】柔道 『東京2020オリンピック』TV生中継・放送・ネット配信情報=7.24〜7.31(東京五輪柔道)

・【世界柔道】初出場の向翔一郎、快進撃で銀メダル獲得も悔し泣き

・【五輪柔道】吉田秀彦、苦戦の連続で金メダル獲得の永瀬を称賛「彼じゃないとできない」

・奇跡の52歳・中島史恵が初ラウンドガールに挑戦「シェイプUPしボディ仕上げる」

・道端カレンが”美ボディ”コンテストで準優勝、次は全国大会へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧