TOP > ニュース 一覧

【五輪柔道】7.31 団体戦で柔道10個目の”金”なるか、組み合わせと参加国一覧

2021/07/31(土)UP

19年の世界柔道団体戦で決勝戦で戦った日本チーム。左から90㎏超級・影浦心、女子57㎏級・芳田司、73kg級・大野将平、70kg級・新井千鶴、男子90kg級・村尾三四郎、女子70kg超級・濵田尚里

 東京オリンピック柔道では昨日30日、全ての個人戦が終了し、男子金5、女子金4銀1銅1の合計金9、メダル数11のメダル量産だった。本日31日は男女混合団体戦だ。

 この団体戦は女子57kg級から男子90kg超級までの6階級で争われ、本来の階級の2階級上まで出場が可能だ。

 19年の世界柔道東京の団体戦では、以下の予想メンバー(※カッコ内選手含めず)で、決勝で強豪フランスに勝利し優勝。そのときは最強リネールが来日していなかったが、今回は参戦が予想される。
 果たして柔道最終日、日本10個目の金メダル獲得なるか。試合は11時より開始される。

【テレビ】柔道 五輪団体戦 TV生中継・放送・ネット配信情報

以下、日本の各階級の予想メンバー()内は階級下の選手

19年の団体戦での登録メンバー12名。向翔一郎、原沢久喜、素根輝、芳田司、大野将平、新井千鶴、濵田尚里ら

女子57kg級 芳田司(1階級下=阿部詩、2階級下=渡名喜風南)
女子70kg級 新井千鶴(1階級下=田代未来)
女子70kg超 素根輝or濵田尚里
男子73kg級 大野将平(1階級下=阿部一二三、2階級下=高藤直寿)
男子90kg級 向翔一郎(1階級下=永瀬貴規)
男子90kg超 原沢久喜orウルフアロン

☆柔道 混合団体の組み合わせは以下の通り(6人の選手を揃えられるチームのみエントリー)

柔道 男女混合団体戦の組み合わせ表(IFJ 国際柔道連盟 公式サイトを参照、日本語化し作成)

【1回戦】午前11時開始
Aブロック:ドイツvs難民選手団
Bブロック:モンゴルvs韓国
Cブロック:イタリアvsイスラエル
Dブロック:オランダvsウズベキスタン

【準々決勝】午前11時50分開始
日本vsAブロック勝者
ROC(ロシア・オリンピック委員会)vsBブロック勝者
フランスvsCブロック勝者
ブラジルvsDブロック勝者

※団体戦の主なルールは、勝ち抜き戦ではなく6人の団体戦となり、同じ階級の選手同士で戦い、勝ち星の多い方が勝ちとなる。3対3になった場合は、一本や技ありなどポイント数の多い方が勝ちとなる。それでも決まらない場合は、無作為に選ばれた階級区分の選手で代表戦を行う。

【テレビ】柔道 五輪団体戦 TV生中継・放送・ネット配信情報

●編集部オススメ

・【テレビ】柔道 五輪団体戦 TV生中継・放送・ネット配信情報

・【19年 世界柔道の団体戦】日本が決勝で強豪フランス破り団体戦3連覇を達成

・【世界柔道】”モデルでも注目” 世界連覇の18歳ビロディド、次は夢の東京五輪へ

・【五輪柔道】濵田尚里が”秒殺”一本勝ちで金メダル、サンボ×柔道で全試合を寝技で一本勝ち

・道端カレンが”美ボディ”コンテストで準優勝、次は全国大会へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

」、「」、「」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧