TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】王者ジョシュア、ヘビー級とは思えないバキバキの肉体で計量パス、体重を落としウシク戦に備える

2021/09/25(土)UP

バキバキのジョシュアのボディをウシクが称える(c)DAZN

 9月26日(日本時間)に英ロンドンにて行われるアンソニー・ジョシュア(31=英国)の世界3団体ヘビー級王座防衛戦に先立ち、前日計量が行われ、260ポンド(120.2kg)リミットに対し、王者ジョシュアは240ポンド(108.8kg)、元4団体統一クルーザー級王者でWBO1位のオレクサンドル・ウシク(34=ウクライナ)は221.25ポンド(100.36kg)でパスした。ジョシュアは前回より体重を落とし、ヘビー級とは思えないバキバキの身体で計量をパスした。

【フォト】更にバキバキの肉体で計量パスしたアンソニー・ジョシュア

 ジョシュアは前回(昨年12月)の計量より400g軽く、ウシクは前回(昨年10月)より1.8kg増量し、過去最大の体重を記録した。ジョシュアは一昨日の海外メディアのインタビューで「彼はスタミナがある。だから体重を落とし、スパーリングやヘビーバッグを使いラウンド数をこなしてスタミナをつけている。もちろん、彼を倒すことは可能だ」と自信を持って語っている。

 対するウシクはヘビー級に転向し3戦目、1戦目はTKO勝利、2戦目の昨年10月にデレック・チゾラに判定で勝利しWBOインターコンチネンタルヘビー級王座を獲得している。しかし、この一戦はウシクが前日計量で98.5kg、チゾラが115.8kgと体格で差があり、試合も接戦となった。ウシクは身長190cmだが、チゾラより体格が細く、ヘビー級の圧力に攻めあぐねていた。

 両者とも12年のロンドン五輪に出場し、ジョシュアがスーパーヘビー級、ウシクはヘビー級で金メダルを獲得。 KO率88%のジョシュアと72%のウシク、どちらも高いKO率を誇るが、ヘビー級の一戦だけに、一発が試合をひっくり返すスリリングな試合が期待される。
 なお、試合が行われる地元イギリスの大手オッズメーカー『ウイリアムヒル』では25日午前10時現在、ジョシュア1.44倍、ウシク3.25倍と、ジョシュアの勝利が優勢となっている。注目の一戦はどちらが勝つか。
 この一戦は26日AM2時よりDAZNにて生配信、メインはAM5時45分頃を予定している。

DAZNでの視聴、登録はこちら(1ヶ月無料)

<選手データ>
・アンソニー・ジョシュア(31=英国)生年月日:1989年10月15日/身長198cm、リーチ208cm、体重109kg/構え:右/戦績:24勝(22KO)1敗。KO率88%/主な獲得タイトル:世界3団体(WBAスーパー、IBF、WBO)統一ヘビー級王者、ロンドン五輪スーパーヘビー級金メダル

・オレクサンドル・ウシク(34=ウクライナ)生年月日:1987年11月17日/身長191cm、リーチ198cm、体重98kg/構え:左/戦績:18勝(13KO)無敗。KO率72.2%/主な獲得タイトル:元世界クルーザー級4団体制覇王者、現WBO同級1位、ロンドン五輪ヘビー級金メダル

▶︎次のページは【フォト】更にバキバキの肉体で計量パスしたアンソニー・ジョシュア

●編集部オススメ

・『テレビ』ジョシュアvsウシク「世界ヘビー級3団体統一戦」生中継・放送情報=9.26

・【動画】KO率88%!迫力の『ジョシュアのKOトップ5』映像

・【ボクシング】ジョシュアのアッパー冴えKO勝利、ヘビー級3団体王座防衛に成功

・“剣道女子”が美ボディを披露、ビキニで筋肉コンテスト初優勝

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧