TOP > ニュース 一覧

【DEEP】10.17 前日計量 全員パス=ヒロヤvsRYOGA、西谷大成vs山口コウタ、平松翔vs海飛、竹林愛留vs古賀愛蘭など

2021/10/17(日)UP

昼大会のメインはヒロヤ(左)とRYOGA

 10月17日(日)新宿FACEで昼夜に渡って開催される『skyticket Presents DEEP TOKYO IMPACT 2021~1st ROUND~』と『skyticket Presents DEEP TOKYO IMPACT 2021~2nd ROUND~』の前日計量が、16日(土)都内で行われ、全選手が計量パスした。

 昼大会の『1st ROUND』は、朝倉未来と実業家の“青汁王子”三崎優太による若手格闘家育成プロジェクト『朝倉未来1年チャレンジ』出身のヒロヤ(トライフォース赤坂)がRYOGA(KRAZY BEE)とメインイベントで対戦する。ヒロヤは契約体重の58kgから250gアンダーの57.75kg、RYOGAは100gアンダーの57.90kgでそれぞれ計量をパスした。

夜大会のメインに出場する平松翔

 両者は、かつてトライフォース赤坂で練習を共にした間柄だが、RYOGAが「最初は(練習で)ボコボコにされていますが、明日は完全決着を見せたいと思います」とコメントすると、ヒロヤは「一度、練習でボコボコにしたんですが、試合でもあの日を思い出させてやろうかと思っています」と強気に返答した。

平松と対戦する海飛

 夜大会の『2nd ROUND』は、メインイベントで平松翔(パラエストラ松戸)と海飛(和術慧舟會HEARTS)が対戦する。バンタム級のリミット61.2kgのところ平松は61.70kg、海飛は61.55kgでそれぞれ計量をパスした(タイトルマッチ及びキャッチウェイト以外の階級制の試合では、0.5kgの許容重量が認められる)。

 平松は「メインなのでしっかり勝ちたい」と語り、海飛は「初めてのバンタム級で体重が落ちるか心配でしたが、しっかり落ちたので、明日は丁寧に勝ちたいと思います」とコメントした。

【DEEP TOKYO IMPACT 2021~1st ROUND~】計量結果

▼メインイベント(第7試合) DEEP 58kg以下 5分2R
ヒロヤ(トライフォース赤坂)→57.75㎏
vs
RYOGA(KRAZY BEE)→57.90㎏

(左から)ヒロヤvsRYOGA

▼セミファイナル(第6試合) DEEPフェザー級 5分2R
西谷大成(トライフォース赤坂)→66.20㎏
vs
山口コウタ(パラエストラ八王子)→65.60kg

西谷大成

▼第5試合 DEEP JEWELS 49kg以下 5分2R
音波(AACC)→48.90㎏
vs
須田萌里(SCORPION GYM)→48.60㎏

(左から)音波vs須田萌里

▼第4試合 DEEPフライ級 5分2R
松丸息吹(パラエストラ千葉)→57.00㎏
vs
風我(フリー)→57.00㎏

(左から)松丸息吹vs風我

▼第3試合 DEEPフライ級 5分2R
武利侑都(KRAZY BEE)→56.65㎏
vs
松山瑞穂(City Kickboxing)→56.70㎏

(左から)武利侑都vs松山瑞穂

▼第2試合 DEEPバンタム級 5分2R
小原卓(CORE王子豊島)→60.50㎏
vs
コマネチ竜太(Y&K ACADEMY)→60.20kg

(左から)小原卓vsコマネチ竜太

▼第1試合 DEEP JEWELSストロー級 3分2R アマチュアSPルール
SAKI(K-Clann)※当日計量
vs
愛温(CAVE)※当日計量

▶︎次ページ:夜大会の平松翔vs海飛、竹林愛留vs古賀愛蘭など計量結果と写真

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】10.17『DEEP TOKYO IMPACT 2021』解説にケイト・ロータス、昇侍=生中継・配信情報

・[前日計量]熊谷麻理奈がビキニとハイヒール姿で登場、ゆりなとの身長差に会場どよめき

・[前日計量]JKファイター竹林愛留が見事な腹筋&三角筋で、古賀愛蘭との打撃戦に挑む

・朝倉未来チャレンジ出身・ヒロヤがムキムキボディで計量パス、かつての同門RYOGAを「ボコボコにする」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧