TOP > ニュース 一覧

【DEEP】JKファイター竹林愛留が見事な腹筋&三角筋で、古賀愛蘭との打撃戦に挑む=前日計量

2021/10/16(土)UP

マッスルポーズを決める竹林愛留

 10月17日(日)新宿FACEで昼夜に渡って開催される『skyticket Presents DEEP TOKYO IMPACT 2021~1st ROUND~』と『skyticket Presents DEEP TOKYO IMPACT 2021~2nd ROUND~』の前日計量が、16日(土)都内で行われた。

 好カードが並ぶ中で、夜大会『2nd ROUND』のセミファイナルに抜擢されたのは、18歳のJK(女子高生)ファイター・竹林愛留(総斗會三村道場)と古賀愛蘭(TEAM FAUST)のDEEP JEWELSの女子の試合だ。

【フォト】竹林の割れた腹筋が分かる水着姿ほか、この計量の写真(全8枚)

竹林(左)と古賀(右)が計量パス

 竹林は、6歳から兄と共に空手を学び、空手で鍛えた打撃を得意とするストライカー。これまでにアマチュアで3戦し、戦績は3勝無敗。昨年12月のDEEP JEWELSではオープニングファイトに登場、アマチュアルールで戦い腕十字で勝利。同年大晦日の『Yogibo presents RIZIN.26』に出場して、さくらとJK対決をして注目を集めた才女だ。

 対する古賀は、今年3月の『DEEP JEWELSアマチュア』に出場し、アマチュアSPルールで判定勝利している。同年7月には、パンナコッタみのりをわずか18秒、左フック一撃でKOして驚かせた。

 見事に割れた腹筋の竹林は、契約体重の49kgから400gアンダーの48.60kgで計量をパスすると、マッスルポーズで腕の三角筋も見せた。古賀は300gアンダーの48.70kgで計量パスした。
 打撃戦が期待される中、竹林は「今回から名前を本名の漢字に戻しました。明日は、名前を覚えてもらえるようにがんばります。瞬き厳禁でお願いします」とアピール。古賀は、「明日、がんばるので応援をお願いします」と落ち着いたコメントを残した。

無事に計量を終え、笑顔を見せる竹林

 漢字の名前に戻した理由を竹林は、「漢字のほうが自分の気分も上がってくるし、見た目もいいかなと思いまして、変えました」と説明。古賀との打撃戦については、「打ち合いになるかもしれませんが、MMAなので寝技の展開も想定しています。1戦目はバタバタしていましたが、経験を積むごとに落ち着いて戦うようになってきています。明日は、内容はどうなるか分かりませんが、気持ちが伝わる試合をしたいです」と竹林は熱く語った。

 今回の試合で結果を残せれば、再びRIZINの舞台へ呼ばれるかもしれないが「1戦1戦大切に戦っていきます」と慎重な姿勢を崩さない。地に足をつけた彼女が、さらに飛躍する時が目の前にきているのかもしれない。

▶︎次ページ:【フォト】竹林の割れた腹筋が分かる水着姿ほか、この計量の写真(全8枚)

●編集部オススメ

・[計量]17歳JK対決の竹林エルvsさくら、1.7kg超過のさくらに公式勝利無しのペナルティ【RIZIN】

・【テレビ・配信】10.17『DEEP TOKYO IMPACT 2021』解説にケイト・ロータス、昇侍=生中継・配信情報

・【DEEP JEWELS】計量でお嬢様キャラ・山本美憂が降臨!JK、コスプレYouTuber、元自衛官、元アイドル大集合

・【RISE】8頭身JKファイターAKARIが計量パス、YAYAに「優越感に浸れるのは今のうち」

・“モデル級”グラマラスボクサー、計量でのランジェリー姿に批判もプロとしてこだわり=本業は教師

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧