TOP > ニュース 一覧

【ベラトール】母国ロシアでのラストマッチに挑む皇帝ヒョードル、ヘビー級2位ジョンソンとの対戦に強い自信=10.24

2021/10/20(水)UP

今週末に母国ロシアで2年ぶりの復帰戦を行う皇帝ヒョードル

 10月24日(日・日本時間)にロシア・モスクワにて開催される総合格闘技イベント『Bellator 269』にて、2年ぶりの復帰を果たす元PRIDEヘビー級王者のエメリヤーエンコ・ヒョードル(45=ロシア)が19日行われたメディア囲み取材に出席した。

【動画】皇帝ヒョードルが怒涛のパウンドKO!=18年10月チェール・ソネン戦

 ベラトールにとって初のロシア・モスクワ大会であると同時に、凱旋する皇帝ヒョードルの引退ロード第2戦目。MMA界最大レジェンドの相手には当初、元UFCヘビー級王者のジュニオール・ドス・サントス、ジョッシュ・バーネット、アリスター・オーフレイム、ファブリシオ・ベウドゥムら錚々たる名前が上がっていたが、ヒョードル本人は話題性に寄せた“元王者とのレジェンドマッチ”には興味はなく、現在ヘビー級ランキング2位につけているティム・ジョンソン(36=米国)を自ら指名し、引退する最後まで最前線での戦いに挑む構えを見せている。

ヒョードル(左)は、ベラトール・ヘビー級2位のジョンソン(右)と激突©️Bellator

 最初に上がっていたビッグネームより、知名度は下がるジョンソンだが、ヒョードルは指名した理由について「ティム・ジョンソンは最近まで素晴らしい連勝を決めていた。ファイターとしても優秀だし、ヘビー級のトップ戦線で戦っている」と、その実力を認めた上で戦いに挑むという。

 試合当日まで1週間を切った中「気持ちは落ち着いている。やるべきことは全てやった。準備は万全」と語り、

 この試合の次を引退試合と考えているヒョードルは「この試合の結果が私の計画に影響を与える事はない。これはあくまで私自身の計画だ」とし、引退試合の開催場所については米国のNYやシカゴなどに興味があるという。

 対するジョンソンは取材で「ヒョードルの母国で彼と対戦できるのは光栄だ」と喜ぶと、「ヒョードルはパンチ力が強く、爆発力も持っている。オールラウンドな選手だが、あの右オーバーハンドとアッパーは危険だ」と、強く警戒。
 ヒョードルの引退については「もし彼が私に勝った場合、彼が再びベルトを狙う可能性はある」と語った。

 19年12月に日本でのラストマッチでクイントン ・ランページ・ジャクソンをKOしたヒョードル。母国ロシアでのラストマッチはヘビー級最前線を走るジョンソン。45歳の生けるレジェンドは果たして、どのような戦いを見せるのか。

▶︎次ページは【動画】皇帝ヒョードルが怒涛のパウンドKO!=18年10月チェール・ソネン戦

●編集部オススメ

・【ベラトール】皇帝ヒョードルが10月の初モスクワ大会に参戦、対戦相手候補にバーネット、アリスターらの名前が

・【ベラトール】皇帝ヒョードルは、王者ベイダーにリベンジ狙いか! ジョンソン戦を選んだ理由をコーカー社長が説明

・【海外MMA】ロシア戦慄の“4秒殺”ワンパンKO!相手は硬直失神ダウン「大会の最優秀KO賞」と実況が驚き

・【動画あり】衝撃KO動画が満載!イーファイトの“KO&一本”特集ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧