TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】牛久絢太郎、斎藤裕を切り裂いた飛びヒザは「狙っていた」なぜ当たったのか

2021/10/24(日)UP

新王者に輝いた牛久が試合後のインタビューに応じた

 10月24日(日)神奈川・ぴあアリーナMMで開催された『RIZIN.31』のRIZINフェザー級タイトルマッチで、王者・斎藤裕(パラエストラ小岩)に2R TKO勝利した、牛久絢太郎(K-Clann)が試合後インタビューに応じた。

 戦前の予想では、斎藤が有利の声も上がる中、牛久は運命のタイトルマッチに臨んだ。1Rは斎藤のプレッシャーに対して、左フックをはじめとするカウンターで対抗。2Rには、牛久が狙いを澄ました飛びヒザで、斎藤の右目上をとらえてカットを奪う。ドクターチェックの結果、斎藤は試合続行不可能となり、牛久が王座を戴冠する形となった。

牛久(左)が斎藤を下して新王者に!

 自身で斎藤の対戦相手に立候補、挑戦のチャンスを掴み取った牛久。結果として、RIZINのベルトを獲得し「普通に嬉しいです。今回このチャンスを自分でアピールして、それで実現して結果として繋がったことが嬉しい。ベルトも嬉しいけど、それを自分で掴み取れたことを嬉しく思います」との喜びを語った。

 斎藤との試合の中で、ジムの代表と対策をしてきたことが生きた。そのため、手を実際に合わせて見て、特に戦前と変わった印象はなかった。フィニッシュのヒザ蹴りに関しては「あれは狙っていました。1R目に距離感を調整して、2Rインターバル終わった瞬間に狙おうと思って。あのタイミングで出たのは体が勝手に反応しました」という。

斎藤がパンチを打ち込む

 フィニッシュとなったヒザ蹴りはあのタイミングでなぜ当たったのか。牛久は「僕の今までのスタイル的に、(斎藤は)自分がタックルにくるという警戒があったと思う。タックルを切るということは重心が下にいく。だから飛びヒザを狙って、重心が下の選手に上を狙うことで入るんじゃないかなと思いました」と、その理由を解説した。

 試合後には、王座戴冠に喜びを爆発させた牛久。「やってやったぞという気持ちでした。思わず叫んでしまいました」とその際を振り返ったが、「やっぱりベルトを持ったことで責任も重いと感じます。このままじゃダメだと自分でも分かっているので、もっと練習して強くなります」と気を引き締めた。

流血し、ドクターチェックを受ける斎藤

 王者となった牛久は、朝倉未来やクレベル・コイケをはじめフェザー級戦線の強豪選手たちと試合をしていくことになるだろう。今後については「本当にこの試合のことしか考えていなくて、今後のことは考えてなくてゆっくり考えます。今後は左足が痛いので、代表と話して決めます」と話した。牛久の戴冠によって、フェザー級戦線が更なる熱を帯びてきた。大晦日へ向けての展開が楽しみだ。

▶︎次ページは【動画】牛久が“狙っていた”と話す飛びヒザ蹴りがヒットした衝撃の瞬間!

●編集部オススメ

・【RIZIN】驚愕の番狂わせ!斎藤裕が大流血TKO負けで王座陥落、牛久絢太郎が飛びヒザ蹴りで斎藤の額を割く

・『RIZIN.31』10.24 結果:斎藤裕vs牛久絢太郎ほか全試合結果 速報=ライジン 横浜

・【RIZIN】“ママさんファイター”大島沙緒里、浅倉カンナに判定で競り勝つ

・RIZIN榊原代表が武尊vs那須川天心に関して「現状はノーコメント。今は話すタイミングじゃない」

・【RIZIN】ボビー・オロゴンが参戦、サップ戦以来14年ぶりのMMA復帰テーマは“禊”「自分をボコボコに出来る相手を用意して」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧