TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】王者ドネア、暫定王者ガバリョ戦は12.11に、井上と統一戦に繋げられるか

2021/10/28(木)UP

ドネアの防衛戦は12月11日になった模様だ(Naoki Fukuda)

 プロボクシングWBCバンタム級王者ノニト・ドネア(フィリピン=41勝27KO6敗)とWBCからの指名挑戦者であるWBC世界バンタム級暫定王者レイマート・ガバリョ(フィリピン=24勝20KO無敗)の対戦が12月11日にカリフォルニア州カーソンのディグニティ・ヘルス・スポーツパークにて行われると米ボクシング専門メディアのボクシングシーンが報じた。試合はショータイムが放映するという。

【動画】ドネアがウバーリにKO勝ち!強烈アッパーが決まる瞬間

 ドネアは今年5月、無敗の王者ノルディーヌ・ウバーリ(34=フランス)から3度のダウンを奪いKO勝利し再び王座に返り咲いた。今回が初防衛戦となる。年末にWBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)との3団体統一戦の交渉もあったが、先月21日にWBCがガバリョ(フィリピン=24勝20KO無敗)を指名挑戦者にすると発表し、年末の井上戦は無くなった。

 ガバリョは昨年12月にエマヌエル・ロドリゲス戦で2-1のスプリット判定で現王座を獲得したが、ロドリゲスが勝利していたとの声も高く物議を醸していた。その1ヶ月後、WBCは再戦を命じたが、ロドリゲスは今年8月に、アントニオ・ラッセルとの試合に臨むも開始直後の頭突きで傷を負い、ノーデシジョンとなった。この負傷は数ヶ月かかる可能性があるとされており、それもあってWBCはガバリョをドネアの指名挑戦者にした可能性もある。

 ドネアはこの試合に勝ち希望する井上戦に繋げられるか。井上は12月14日に東京でIBF世界同級6位アラン・ディパエン(30=タイ)を相手に防衛戦に臨むと見られている。

▶︎【動画】ドネアがウバーリにKO勝ち!強烈アッパーが決まる瞬間

●編集部オススメ

・【ボクシング】衝撃KO勝ちのドネア、井上尚弥に「決着をつけよう」と宣戦布告

・【ボクシング】井上尚弥の強烈すぎるミット打ちに海外ファン驚愕、12月に高KO率のディパエンと防衛戦

・井上尚弥がドネアと流血の大激闘、11Rに井上が渾身のボディでダウン奪いWBSS制覇

・美人空手家・長野じゅりあ、ビキニ姿でライダーキック! 全国大会出場に意欲も=週プレグラビア

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧