TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】井上尚弥と谷口将隆がタブル世界戦、元K-1・武居由樹など参戦=12.14両国

2021/10/29(金)UP

左から武居由樹、井上尚弥、谷口将隆

 12月14日、両国国技館にてWBAスーパー&IBF世界バンタム級一王者・井上尚弥(28=大橋)がIBF世界同級6位アラン・ディパエン(30=タイ)を迎え防衛戦に臨むことが本日26日、大橋ジムより正式発表になった。この一戦は21日にIBFの試合スケジュールに掲載され、正式発表が待たれていた。
 セミファイナルには「WBO世界ミニマム級タイトルマッチ」としてウィルフレド・メンデス(24=プエルトリコ)vs.同級1位・谷口将隆(27=ワタナベ)が決定した。

【動画】試合が決まり、井上尚弥が超速連打のミット打ち爆発の映像

 井上は19年11月のドネア戦以来2年ぶりの国内試合となる。
 ディパエンの戦績は12勝(11KO)2敗。6連続KO勝利中だ。この試合に勝って、来年、WBC同級王者ドネア、WBO同級王者カシメロとの4団体統一へつなげられるか。

 また、セミファイナルの谷口は18年11月にWBOアジアパシフィック王座を獲得し19年2月にビック・サルダール(フィリピン)相手に世界に初挑戦も判定負け。昨年12月に王座決定戦をTKO勝利で決め、日本王座を獲得。今回そのタイトルを返上し再び世界王座に挑む。戦績は14勝(9KO)3敗。
 対する王者メンデスは19年8月に谷口に勝ったサルダールを判定で破り王者に。今回が3度目の防衛戦だ。サウスポーファイターで戦績は16勝(6KO)1敗。
 谷口は本日、試合が発表されSNSに「The time has come…」(その時が来た)と意気込みを綴っている。

 そのほかノンタイトル戦では55kg契約 8Rで元K-1王者の武居由樹(25=大橋)が今村和寛(29=本田F/3戦2勝1KO 1分)と対戦決定。武井はデビューから2連続KO勝利中。今回もKOなるか。
 さらにジュニア時代U-15大会5連覇のホープで「ミライモンスター」の異名を持つ松本圭佑(22=大橋/3勝3KO)がベテラン荒木貴裕(34=JB/22戦12勝(4KO)10敗)と対戦する。

▶︎次のページは【動画】試合が決まり、井上尚弥が超速連打のミット打ち爆発の映像

●編集部オススメ

・井上尚弥のボディブローが食い込んでゆく分解写真とスロー映像「マジでえぐい」など話題

・【ボクシング】武居由樹、井上尚弥、比嘉大吾らとスパーでパワーアップ

・カネロの右アッパーで複数骨折、衝撃のスロー映像が話題

・“裸拳が脇腹に突き刺さる”106秒の悶絶KO! 相手は呼吸もやっと、立ち上がれず=素手ボクシング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧