TOP > ニュース 一覧

【RISE】梅野源治、大雅が計量パスで緊迫の睨み合い「お互い生きるか死ぬかの戦い見せる」(梅野)

2021/11/13(土)UP

計量パスした梅野(左)と大雅

 11月14日(日)丸善インテックアリーナ大阪で開催される『Cygames presents RISE WORLD SERIES 2021 OSAKA.2』の前日計量、記者会見が、13日(土)大阪市内にて行われた。
 明日の第11試合、[-61kg契約 3分3R]で対戦する、梅野源治(PHOENIX/BOMライト級王者、元ラジャダムナンスタジアム認定ライト級王者)は61.00kgで、大雅(チームドラゴン/元K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者)は60.90kgで両者とも計量を1回目でパスした。互いにフェイスオフで緊迫の睨み合いを演じた。

【フォト】互いにバキバキのマッスルポーズを決めた梅野と大雅、そして緊迫の睨み合い

 元ラジャダムナン王者と元K-1王者の異色の組み合わせに梅野は「お互いこの試合にかけて生きるか死ぬか、男同士の戦いが見せられるんじゃないかと思います」と、まさにRISEらしい「Dead or Alive」が今回のテーマとし、「入場からリングに上がって戦う姿、その雰囲気でお客さんを魅せられると思うので、戦っていく中、二人の熱い試合の結果、僕が勝てるところを見てくれたら」と、二人の存在感だけでも試合が成り立つと意気込みを語った。
 大雅も25歳にして数多くのタイトルを獲得したキャリアから成る存在感を魅力に「明日は僕の試合から雰囲気がガラッと変えられる」と、梅野同様に“漢同士の戦い”を予想。

 年末に向けた動きも徐々に活発になるが、大雅も梅野戦の勝利を機に「しっかり勝って年末の大会に出たい」と、アピール。
 一方の梅野は「1戦1戦、死ぬ気で調整して練習してやっているので、先を見据えるより今回の一戦にかけたい」と決意を語った。実力者同士、存在を賭けた一戦はどんな決着を迎えるのか。

<計量結果>

▼第11試合 -61kg契約 3分3R
梅野源治(PHOENIX/BOMライト級王者、元ラジャダムナンスタジアム認定ライト級王者)→61.00kg
vs
大雅(チームドラゴン/元K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者)→60.90kg

▶︎次ページは【フォト】互いにバキバキのマッスルポーズを決めた梅野と大雅、そして緊迫の睨み合い

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・兄HIROYAの引退試合へ向け、大雅が梅野源治をKOして「最後は同じリングに立ちたい」

・『RISE』11.14 結果:原口健飛vsペットパノムルン、鈴木真彦vs江幡塁ほか試合結果 速報

・【テレビ・配信】11.14 原口健飛vsペットパノムルン、鈴木真彦vs江幡塁などRISE大阪大会の生中継・配信情報

・梅野源治、大雅との”水と油”戦は「意外と噛み合う、互いにとって生きるか死ぬか」

・”レスリングJK”ミスヤングマガジン山岡雅弥が抜群のボディで活躍中「レスリング根性で頑張る」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧