TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】井上尚弥のトレーニングキャンプ映像が公開、パンチ力高める独特メニューも

2021/12/03(金)UP

負荷をかけた、そりを押す井上尚弥(PXB WORLD SPIRITS YouTubeより)

 WBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(28=大橋)の試合まで約2週間。12月14日(火)両国国技館にて行われるIBF世界同級6位アラン・ディパエン戦(30=タイ/12勝11KO2敗)と対戦するが、主催の『PXB WORLD SPIRITS』は1日、公式YouTubeチャンネルで井上が8月に行ったトレーニングキャンプの模様を公開した。

【動画】これはきつそう、井上のトレーニングキャンプ映像

 最初にラダートレーニングでは、はしごの形をしたマスの中を細かくステップしながら進み、次に15kgのブルガリアンサンドバッグを肩に担いで走る。そしてタイヤ引きのように後ろの重りを引いて走ったり、さらには、そりプッシュ(写真上)で押しながら進む井上に、トレーナーが前からそりを押して負荷をかけるなどかなりきつそうな内容だった。

 このメニューは主に足腰と体幹、ステップの神経伝達を作るメニューが中心だ。大橋会長は先月の会見で、イーファイトから「井上のパンチ力は背筋から?」の質問に「それより尚弥の場合は一番は足腰。尚弥は足腰が強くそこから打つ強いパンチです。ちょっと普通のボクサーには無いタイプのパンチ力。それプラス背筋がもっとパワーアップするパンチになってますね」と答えている。

そりプッシュトレーニングはTHINKフィットネスのブースにある『sledmill』というマシンで体験できる。実演はゴールドジムの店員さん

 このトレーニングに興味を持った編集部員は現在、東京ビッグサイトで世界のトレーニング機器やグッズが集結した『SPORTEC 2021』(本日3日が最終日)に昨日足を運び、井上のトレーニングキャンプのメニューを体験してきた。ラダートレーニングはトキノカンパニーのブースの『ペナルティボックス』、ブルガリアンサンドバッグは『TRXトレーニングジャパン』のブースに。
 そして、そりプッシュトレーニングを意識したルームランナー型のものは『THINKフィットネス』のブースで最大負荷205kgまでのプッシュが可能になっている。それを体験すると流石に205kgは30秒はかなりきつい。ジムにあったら普段から取り入れたいところだ。ラダートレーニングも音楽に合わせながら楽しく体験ができるので井上のトレーニングが気になった方はぜひ試してみよう。

 なお、試合観戦方法は、現地観戦のほかに、ひかりTVとABEMAがPPVで独占生中継を行う。このトレーニングからさらなるパンチ力アップで次戦もKO勝利を期待したい。

▶︎次のページは【フォト&動画】井上のトレーニング映像と、体験できるグッズや機器

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・井上尚弥の凄すぎる背筋に「普通のボクサーには無いパンチ」(大橋会長)

・井上尚弥、計量2週間前のバキバキボディ披露、対戦相手は来日済で無事開催へ=12.14両国

・”入国禁止”でフィギュアGPファイナル中止決定、年末ボクシング延期か、RIZINにも影響

・”武道美女”17歳・安井南の初グラビアはビキニでヌンチャク!「ブルース・リーの水着、好評で嬉しい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧