TOP > ニュース 一覧

”居合いパンチャー”町田光が引退を発表、5つのタイトル獲得、RIZINにも参戦

2021/12/31(金)UP

『居合いパンチ』と『居合いバックドロップ』が必殺技のキックボクサー町田光

『居合いパンチ』と『居合いバックドロップ』が必殺技のキックボクサー町田光(34=橋本道場)が昨夜30日、SNSにて引退を発表した。
 町田は07年10月MA日本キックでデビューし11年5月に同団体の王座をKO勝利で獲得すると、15年9月にもKOでWPMF世界スーパーフェザー級王座を獲得するなど計5つのタイトルを獲得。キックでは居合の構えから左フックを叩きつける“居合パンチ”でダウンを奪い、投げがポイントになるシュートボクシングでは『居合いバックドロップ』で勝利を収めてきた。

【動画】町田が居合パンチでダウンを奪う動画など名シーン

 RIZINでは19年7月に大雅と対戦し、居合パンチや飛び蹴りまで飛び出し競り合うも最終Rにダウンを喫し惜しくも判定負け。昨年2月にはWBCムエタイ王者・宮越慶二郎に居合いバックドロップならぬジャーマンスープレックスでポイントを奪い判定勝利。これが最後の試合となった。

「私、町田光は橋本道場を辞めキックボクサーとしても引退しました。道場関係の皆様、今までの試合などで携わった皆様、大変お世話になり、ありがとうございました。皆さんの支え、応援があってこれまで59試合戦うことができたこと心から感謝しております。皆さんから頂いた力を胸に、これからも様々なことに対し、全力で頑張りたいと思います。」と結んだ。

【プロフィール】
町田光(34=橋本道場)1987年7月23日生 、東京都青梅市出身/身長170cm/体重62kg/構え:右/戦績:59戦38勝(11KO)18敗3分/プロデビュー:07年10月MA日本キック 3R1分23秒 KO、布施将人(TARGET)にKO勝利/獲得タイトル初代REBELS 60kg級王座/WPMF日本スーパーフェザー級王座/WPMF世界スーパーフェザー級王座/第2代INNOVATIONスーパーフェザー級王座/第9代MA日本スーパーフェザー級王座

▶︎次のページは【動画】町田が居合パンチでダウンを奪う動画など名シーン

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【RIZIN】居合パンチャー町田光が初参戦、相手は元K-1王者・大雅

・『テレビ・配信』12.31「RIZIN.33」TV放送・ネット配信・生中継情報

・『テレビ』12.31「井岡一翔vs福永亮次」ボクシング世界タイトル戦 TV生中継・放送・配信情報

・【レベルス】町田が最終ラウンドに居合パンチでダウン奪い勝利

・【シュートボクシング】町田光がジャーマン炸裂させ判定勝利

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧