TOP > 試合結果 一覧

【シュートボクシング】海人がブアカーオからの刺客に敗れる、町田光のジャーマン炸裂、女神はsasoriにダウン奪われ初黒星

2020/02/16(日)UP

町田(左)が左ミドルをヒットさせる

一般社団法人シュートボクシング協会
『SHOOT BOXING 2020 act.1』(2P目)
2020年2月15日(土)東京・後楽園ホール

▼第8試合 64.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
◯町田 光(橋本道場/WPMF世界スーパーフェザー級王者)
判定3-0  ※29-28、29-28、29-27
●宮越慶二郎(拳粋会/WBCムエタイ・インターナショナル・ライト級王者)

 町田は50戦以上のキャリアを持ち、WPMF世界スーパーフェザー級王座など計5つのタイトルを獲得してきた実力者。居合の構えから左フックを叩きつける“居合パンチ”をはじめとする数々の必殺技と超個性的な戦い方で人気を呼ぶ。SBには昨年6月に初参戦しバックドロップでシュートポイントを奪うなどして勝利。12月の西岡蓮太戦では、3R終盤にまたもバックドロップを決め西岡の連勝を5でストップする勝利を挙げた。

 対する宮越は国内ライト、スーパーライト級屈指の実力者として知られ、ホームリングのNJKFのほか、KNOCK OUTや中国のクンルンファイトに参戦。”ニンジャステップ”と呼ばれる変化自在なフットワークを武器に、国内外の強豪たちと対戦を重ねた。昨年4月には当時新日本キックライト級王者の勝次からダウンを奪う快勝を見せている。SBには2017年9月の海人戦(カットによる5RTKO負け)以来の参戦だ。

 1R、両者は速いステップ踏みながら会場を沸かせる。町田は左ミドル、宮越は右ローを当て合う。町田の左ミドルに宮越はワンツーを狙っていく。宮越のパンチに合わせて町田は組みついて投げを狙ってコカせる。宮越は居合いパンチのポーズで町田を挑発する。3名が10-10のイーブンとした。

 2R、サークリングする町田に宮越は左のロングフックからの右ストレートを見舞う。両者は左右のミドルを出し合うと、町田が徹底して組みついての投げを狙う。町田は左ローやミドルと多数を出し続け、随所で両者の左右のフックが交錯する。2Rが終わって1者が10-9で町田を支持した。

町田のジャーマンスープレックスが炸裂(橋本敏彦氏ツイッターより@PhsxoaCrQrWONqm

 3R、序盤からパンチで前進する宮越に町田が懐に入り込んで、渾身のジャーマンスープレックスを炸裂。シュートポイント2を奪取する。残り1分で、後が無い宮越はパンチの連打で前に出て左フックを町田の顔面に当てるが、町田はうまく組みついて攻めさせない。終盤まで町田を追いかけ続けた宮越だが、SBルールならではの投げ技を使いこなした町田が判定勝利。またもSBルールでその実力を見せつけた。

コメントする西岡

 休憩後、2月11日東京・大田区総合体育館で開催された『KNOCK OUT Champion Ship.1』で1DAYトーナメントを制して、初代KNOCK OUT(Blackルール)-64kg王者に輝いた西岡蓮太(20=龍生塾)がリングに上がり、「今日はシュートボクシングの会場に足運んでいただいてありがとうございます。シュートボクサーとしてロングスパッツを履いて他団体に乗り込んで、ベルトをもぎ取ってくることができました。シュートボクシングファンのおかげだと思っています。前半戦凄いい試合があって、後半もいい試合があると思うので皆さん楽しんでいってください」と挨拶した。

▶︎次ページは女神がsasoriにダウン奪われ判定負け

●編集部オススメ

・王者・海人と対戦のムエタイ王者「ブアカーオからKO指令出た」=前日計量

・2.15 SB 女神とsasoriが計量パス「面白い試合になる」シーザー会長

・居合パンチの町田光、”忍者”宮越慶二郎を「投げまくってやる」=前日計量

・S-cupガールズ決定、過去最多の15名に

・海外女子ビキニの頂点はタイのコンサンに決定、格闘技レジェンドも来場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧