TOP > ニュース 一覧

K-1武尊、究極のバキバキボディ公開 ”ここからの減量は未知の領域” 6月の天心戦へ

フォロー 友だち追加
2022/03/14(月)UP

3月13日、SNSで限界バキバキボディを披露した武尊(武尊ツイッターより

 6月に那須川天心戦を控えるK-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者・武尊が昨夜13日にTwitterを更新、更なる減量へ突き進む究極バキバキボディを披露した。

【フォト】武尊の限界バキバキボディ、刃牙と対抗した背筋も披露

 武尊は「多分、今まで落としたことのない領域。三ヶ月後に最高のコンディション作る為に自分との戦い。気合い」とつづり、6パック、いや8パックとも言える腹筋、筋肉バキバキの肩から腕の写真を披露した。

「減量も本当に大変でしょうが、どうか気合いで頑張って」「もはや彫刻のような肉体、当日は最高のコンディションを期待」「ここから追い込みファイト」とこの肉体への驚きと、ここから更なる減量への心配の声が入り混じった。

 通常、武尊はスーパー・フェザー級の60kgの選手だが前日に水抜きをしてギリギリ60kgに落とし試合当日に体重を戻し戦うが、今回はそれより低い58kg契約。そして当日計量では62kgまで、4kgのリカバリーまでしか許されない。そのため普段から60kg前後の体重を保ち、動ける身体にしておく必要がある。

 1月31日のYouTubeで武尊に魔裟斗は「普段から、なるべく62kgに合わせたほうがいい」とアドバイスを贈る。魔裟斗は続けて「その体重で普段から生活してたら、絶対それ以上大きくなることは無い。これは俺の経験上、無い」と通常体重を定めて管理していれば、戻してもその体重以上にはならないと語っていた。

 武尊のこれ以上落としたことのない領域とは何kgか。試合まで約3ヶ月、武尊の調整に注目していきたい。

▶︎次のページは【フォト】武尊の限界バキバキボディ、刃牙と対抗した背筋も披露

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・「リアル刃牙だ!」武尊が実物大の範馬勇次郎と筋肉対決にファン驚愕

・元ホステス激太りから一転”ビキニ”優勝、減量は「1日ご飯2合」糖質摂取

・えなこのトリケラトプス拳が話題「ガチ」「那須川天心か」武尊も来場=刃牙展

・何だこの背筋は!秋山成勲が鬼が宿る”刃牙”化!青木戦へ向け筋トレと減量

・【K-1】武尊の初自叙伝『光と影 誰も知らないほんとうの武尊』発売

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧