TOP > ニュース 一覧

【ムエタイSF】タイの才色兼備ファイターが初来日でIMARIと対戦、真吾YAMATOはタイ人強豪選手と激突、16歳若手対決も=4.24名古屋

2022/03/22(火)UP

アイーダ・ルークサイコンディンvsIMARI

 4月24日(日)に愛知・名古屋国際会議場 イベントホールにて開催される『Suk Wanchai MuayThai Super Fight』の追加対戦カードが発表された。

 女子の日タイ国際戦で、ムエタイマスコミが選ぶ ” สวย&เซ็กซี่(beautiful&sexy)“ 美女ファイター9人の一人にも選ばれ、才色兼備の選手として有名なアイーダ・ルークサイコンディン(タイ)が参戦。ミネルヴァスーパーフライ級2位のIMARI(LEGEND GYM)と対戦する。

エメラルドの海でビキニ姿のアイーダ

 アイーダはバンコク出身の20歳。姉は女子キックボクシングで一時代を築いた、元WPMFミニフライ級王者のドゥワンダーウノーイ・ルークサイコンディン、兄は国際式WBAアジアスーパーライト級王者のセーンアティット・ルークサイコンディンという格闘一家だ。
 昨年2月の『RISE ELDORADO 2021』では、那須川天心と激闘を演じたロッタン・ジットムアンノンの推薦選手として、初来日し寺山日葵と対戦予定であったが、コロナの影響で来日不可となり対戦が流れている。

 対するIMARIは妹のKAEDEと共に”LEGEND最強姉妹”との呼び声高い19歳で、2018年にプロデビュー。現在戦績は10戦5勝2敗3分、的確に攻撃を当てるテクニシャンだ。

 男子の日タイ国際戦では、タイで王者経験もあるラーチャシン・ペッティンディーアカデミー(24=タイ)と、NJKFスーパーライト級暫定王者・真吾YAMATO(26=大和ジム)が対戦決定。

ラーチャシン・ペッティンディーアカデミvs真吾YAMATO

 ラーチャシンは、ワンソンチャイプロモーションが行なっていた興行『ヨードムエ・タイラット』の元ライト級王者。2021年9月にムエタイ最大のプロモーション『ペッティンディー』に移籍すると、翌月には『スックペッティンディー』のメインイベントで、日本でも活躍したチャムアックトーン・ファイタームエタイに勝利、続く11月にもメインで勝利し、中量級のトップ戦線での活躍が期待される選手だ。長身を生かしたミドル・ヒザが得意で、今回が初来日となる。

 対する真吾YAMATOは昨年11月の『NJKF 2021 4th』ではNJKFスーパーライト級暫定王者決定戦に臨み、ヒジで1R TKO勝ち。ヒジ・ヒザの攻防は強豪タイ人選手にも引けを取らないテクニックを持つ。

 ほか、16歳同士の中島隆徳(GETOVER)と恒星(LEGEND GYM)がバンタム級で対戦する。中島は名古屋期待の新星、対する田中はジュニア時代から注目される逸材だ。

 日タイ国際戦、次世代トップが期待される若手対決とどちらも注目が集まりそうだ。

☆この大会の詳細対戦カード、チケット情報など

<対戦カード>
▼日タイ国際戦 51㎏契約3分×3R
アイーダ・ルークサイコンディン(タイ)
vs
IMARI(LEGENDGYM/ミネルヴァスーパーフライ級2位)

▼日タイ国際戦 64.5㎏契約3分×5R
ラーチャシン・ペッティンディーアカデミー(タイ/元「ヨードムエ・タイラット」ライト級王者)
vs
真吾YAMATO(大和ジム/NJKFスーパーライト級暫定王者)

▼バンタム級3分×3R
中島隆徳(GETOVER)
vs
恒星(LEGENDGYM)

●編集部オススメ

・【ムエタイSF】福田海斗の相手は、那須川天心と戦ったクマンドーイに決定=4.24名古屋

・【ムエタイSF】タナデーvs國本真義が決定、4年ぶり復帰の山田航暉は老沼隆斗と対戦=4.24名古屋

・【ムエタイ】19歳・KOKOZが無敗の18歳・IMARIに判定勝ち、スックワンキントーン女子スーパーフライ級王座を戴冠

・(昨年中止となったカード)【RISE】寺山日葵、初の国際戦で”ロッタンの恋人”アイーダと激突「本場の蹴りに負けない、蹴りで圧倒する」

・”モデル級”柔道美女ビロディドが”大変身”のハイレグセクシー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧