TOP > ニュース 一覧

【修斗】5連勝中の新井丈vs元王者・黒澤亮平の遺恨対決がついに決定!

2022/03/25(金)UP

新井丈(左)と黒澤亮平(右)が5月に対戦決定

 3月21日(月・祝)に開催された『PROFESSIONAL SHOOTO 2022 Vol.2』(後楽園ホール)の大会内で、5月22日プロ修斗(後楽園ホール)の概要が発表された。注目は現在5連勝中と波に乗る新井丈(キングダムエルガイツ/和術慧舟會HEARTS)と、過去に飛鳥拳のリングネームでストロー級(52.2kg以下)第6代王者に君臨した黒澤亮平(パラエストラ松戸)の一戦。

 両者は2021年に対戦が噂されながら、新井が当時ノーランカーだった為か実現には至らなかったことが原因となり、SNSなどで「黒澤亮平はチキン」と新井は言い切り、そろそろ試合がしたい、1位かチャンピオンとやりたいと呟く黒澤に対しても「俺から逃げてるようじゃ、無理だろう。ぶん殴り合うのは怖いか?」などと舌戦を繰り広げ注目されていた。その後、新井がランカーの飯野タテオ相手に秒殺KO勝利を挙げ、現在ランキング1位と黒澤本人の要望する状態になった為に対戦が実現した形だ。

パウンド連打の新井、レフェリーが止めに入る瞬間

 2選手の経歴も対照的で、黒澤亮平は2013年修斗フライ級新人王を獲得。翌年には修斗王者への登竜門、インフィニティリーグフライ級で優勝。そして2016年には同門で元ONE世界ストロー級王者・内藤のび太が返上した修斗ストロー級のベルトを、名門パラエストラ松戸に奪い返した。

 対する新井丈は、頭角を表すまでインフィニティリーグ全敗など海外での試合を含めると9連敗を記録し、一度は折れたかかった心で肉体改造を一から行うなど奮起。現在破竹の5連勝中だ。

 登壇したケージ内でついに対峙した二人。

「打ち合い上等とか言っている選手がランキング1位なんて修斗の恥」と黒澤に酷評された新井丈。サラブレットと、どん底から這い上がってきた男。共通するのは、お互いの強烈な打撃のみ。5月22日の開戦が待たれる。

●編集部オススメ

・【修斗】秒殺KO勝ち新井丈が圏外から世界3位に!ANIMAL☆KOJIにも指導受け「次戦の大物にも勝つ!」

・【修斗】黒澤亮平がパウンド連打で24秒KO勝利

・【K-1】竹原慎二の指導でANIMAL☆KOJIがパンチ進化「お前はマイク・タイソンになれ」(竹原)

・【ONE】秋山成勲がバキバキの超合金ボディで計量パス!水抜きなし-13kg超過酷減量に成功

・【テレビ・配信】3.26『ONE』青木真也vs秋山成勲、アンジェラvsスタンプ、ロッタンvsDJ、平田樹など生中継・放送・配信情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧