TOP > ニュース 一覧

天心vs武尊のチケット料金は史上最高額の300万円! 武尊「高いと思いましたが、その価値がある試合」天心「歴史の教科書に載りたい」

フォロー 友だち追加
2022/04/07(木)UP

那須川天心(左)vs武尊(右)のチケット額は、なんと最高300万円に

 6月19日(日)東京ドームで開催する『THE MATCH 2022』は、RISE世界フェザー級王者・那須川天心(TARGET/Cygames)vsK-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者・武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)の世紀の一戦が行われる。本日7日の記者会見では、天心、武尊、本イベントの実行委員会の株式会社ドリームファクトリーワールドワイド榊原信行氏、K-1プロデューサー中村拓己氏、RISE代表伊藤隆氏が登壇。大会概要でチケット料金の最高額が300万円とされると、その強気の姿勢に関係者から驚きの声が上がった。

【フォト】那須川天心vs武尊の会見写真(全9枚)

大会概要を説明する榊原信行氏

 会見で大会概要を説明した榊原実行委員は、「日本の格闘技史上、日本のエンターテインメント史上の最高額をつけさせていただきました」と300万円の破格のチケット料金をつけたと公表した。300万円のチケットは、VVIPアリーナ1列で50席くらいを設けるとのこと。ちなみに最低料金は、1万5000円のスタンドD、E席となる。入場数は、5万人規模になることを想定しているという。

会見でコメントする武尊

 まさに夢の祭典といった大会だが、武尊は料金について「高いなと思いました」と苦笑した。だが、「でも、この試合をそういう価値としてつけていただいたのは光栄なことですし、それに見合う最高の試合をして勝ちたい。値段も値段なので、知り合いとかが前で見れないのは悲しいですけど、そのくらいの価値なんだなと思います」とコメントした。

天心は「歴史の教科書に載りたい」と語った

 天心もチケット料金について「子どもに優しくないなと思いました」と会場を笑わせたが、「小さい子に見に来てほしいという思いがあったんですけど、このくらいの価値があることも知ってほしいですね。歴史の教科書に載りたい」と語った。

 さらに武尊は「この試合は勝敗だけではなく格闘技界がもっと広がっていけばいいと思うし、格闘技を野球、サッカー、バスケットなど一般のスポーツと同じくらい、それ以上に世界で広めていきたい」とK-1でも言い続けている野望をここでも明かした。

6.19東京ドームでどのような戦いが繰り広げられるのか

 榊原実行委員は、「武尊選手がメジャースポーツに追いつけ追い越せと言われていましたが、東京ドームは熱狂を生み出す装置だと思っていまして、せっかくこの2人が戦うわけですから、過去のエンターテインメントの記録をすべて塗り替えるつもりでやります」と意気込みを語った。

☆この大会の対戦カード、スケジュール、チケット情報など

▶︎次ページは【フォト】那須川天心vs武尊の会見写真(全9枚)

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・天心と武尊が改めて会見、ルール、テレビ中継ほか決定

・那須川天心と武尊がついに決定!58kg契約で6月に大きな会場で行う(21年12月)

・那須川天心が武尊に大みそか対戦直訴(15年11月)

・魔裟斗が那須川天心のRISEラストファイトを分析「武尊と風音は真逆」と断言、6月は違う展開に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」、「」、「」、「」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧