TOP > ニュース 一覧

天心VS武尊に続く追加カードは⁉ K-1中村P「やるならやる」RISE伊藤代表「うちも全然やる気満々」と火花バチバチ

2022/04/07(木)UP

RIZIN、RISE、K-1が団結して開催するTHE MATCH。歴史に残る大会になりそうだ

 6月19日(日)東京ドームで開催する『THE MATCH 2022』は、那須川天心(TARGET/Cygames)vs武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)の世紀の一戦が行われるが、本日7日の記者会見では追加カードの発表はなかった。この件について、登壇した天心、武尊、本イベントの実行委員会の榊原信行氏、中村拓己氏、伊藤隆氏がコメントした。

【動画】K-1中村Pの挑発に答えるRISE伊藤代表

  RIZINを運営する株式会社ドリームファクトリーワールドワイドの榊原実行委員の発表では、今大会の対戦カードは全10試合から15試合、基本は立ち技のみを考えているという。誰がラインナップされているのか質問が飛ぶと、まずはK-1プロデューサーの中村実行委員が「我々のイベントで組めないカードが一番だと思いますので、これから調整して組んでいきますが、K-1的には選手はしっかり準備ができているので、『やるならやるよ』という気持ちです」と意気込みを語った。

RIZINの榊原社長が間に入ってくれているが、RISEとK-1の対抗心はメラメラと上がっていた

  対するRISE代表の伊藤実行委員も「早急に詰めて決まっていくと思いますが、中村プロデューサーが『やるならやるよ』という気持ちならば、うちも全然やる気満々です」と負けずに対抗心を燃やしていた。

  2人のやり取りを見て、熱くなったファンや選手たちが多くいたことだろう。

  このビッグイベントに誰が出てほしいのか聞かれた武尊は、「自分以外の試合に口を出したくないんですけど、K-1を代表するチャンピオンと一緒に戦いたいと思います」とフルメンバーを希望した。対する天心は、「チャンピオンに出てほしいと思っていますが、求心力があって、自分を持っている選手に出てほしい」と語った。

  天心は、風音戦後に「6月は対抗戦とかではないんじゃないかなと。個と個の戦いかなと思っています」とコメントしている。これは、2人の試合が実現するまでの長かった道のりを振り返ると、出場する意義や戦う理由はほしいところだ。なによりも多くのファンが望むカードということになるだろう。

  15試合すべてが宝石のように輝くカードが並べば、令和の伝説の格闘技イベントになるはずだ。対抗戦も含めて、ファンが熱狂するようなカードの発表を待ちたい。

▶︎次ページは【動画】K-1中村Pの挑発に答えるRISE伊藤代表

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・天心vs武尊のチケット料金はエンタメ史上最高額の300万円! 武尊「高いと思いましたが、その価値がある試合」天心「歴史の教科書に載りたい」

・天心と武尊が改めて会見、ルール、テレビ中継ほか決定

・那須川天心と武尊がついに決定!58kg契約で6月に大きな会場で行う

・【K-1】那須川天心が武尊に大みそか対戦直訴

・【テレビ・配信】4.9村田諒太vsゴロフキン「WBA・IBF世界ミドル級王座統一戦」生中継、放送、配信情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」、「」、「」、「」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧