TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】”52歳”髙阪剛、極真・上田幹雄とともにマッスルポーズ披露=前日計量

2022/04/16(土)UP

極真世界王者・上田(左)を相手に、引き締まった身体を見せた髙阪(右)

 4月17日(日)東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナにて開催される『RIZIN.35』の計量が、前日16日の『RIZIN TRIGGER 3rd』のイベント内で行われた。第7試合の[RIZIN MMAルール(120.0kg)]で対戦する”世界のTK”こと髙阪剛(ALLIANCE)は97.40kg、極真世界王者・上田幹雄(BRAVE)は107.90kgを計測した。

【フォト】52歳・髙阪剛が逆三角形の身体で計量パス

 1995年にデビューした髙阪は、今回が引退試合となる。リングス、PRIDE、UFC、パンクラス、そしてRIZINとメジャー団体を渡り歩き、エメリヤーエンコ・ヒョードル、ミルコ・クロコップ、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ、マーク・ハントといった世界のヘビー級強豪選手と戦ってきた。

 対する上田は2019年に開催された第12回世界大会優勝者で、昨年8月31日をもって国際空手道連盟極真会館(松井章奎館長)を退会し、MMA挑戦を表明していた。BRAVEジムで練習を重ね、今回が待望のMMAデビューとなる。

 髙阪は52歳とは思えない、逆三角形の引き締まった身体を披露。落ち着いた様子で計量台に上るとガッツポーズした。
 対する上田もまた、武道家らしい静かな佇まいで計量台に乗ると、大きくマッスルポーズを決めた。

髙阪の差し出す右手に、上田は深々と両手で握手

 フェイスオフが終わると、上田は脚を揃えて腰を折って礼をする。髙阪もそれに応えて右手を差し伸べると、上田は両手でその手を握り、再度礼。空手家として身についた礼の所作を見せた。

 事前の公開練習で髙阪は「できれば、ド突き合いたいです」と極真世界王者と、立ち技で殴り合う可能性を示唆。「今回ですべて出し切れるようにします」と悔いなき引退試合を目指す。
 一方の上田は「空手をもっと広めたい。RIZINの大舞台ならば、それができるのではないか」と極真世界王者として空手を広める大きな一歩だ。「20年やってきた空手の技は、咄嗟の場面で自然に出る。空手の技を見てほしい」意気込んでいる。

 上田がレジェンド・髙阪を破りMMAデビュー戦で白星発進出来るのか、髙阪がMMAの厳しさを若きホープに伝え、花道を飾るのか。

▶︎次ページは【フォト】52歳・髙阪剛が逆三角形の身体で計量パス

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・4.17 RIZIN 全試合 結果 速報(サトシ・ソウザvsジョニー・ケース、牛久絢太郎vs斎藤裕、浜崎朱加vs伊澤星花)

・4.17「RIZIN.35」サトシvsケース、牛久vs斎藤、浜崎vs伊澤ほかTV放送・ネット配信・生中継情報

・貴賢神がデビュー戦で悔しいTKO負け!激勝の関根「格闘技は暴力には負けない」と絶叫

・関根“シュレック”秀樹、貴賢神のポテンシャルを評価「このままじゃ顔面の骨を折られると思った」=試合後インタビュ

・4.16 RIZIN 全試合 結果 速報(グスタボvs矢地、関根“シュレック”vs貴賢神ほか)ライジントリガー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧