TOP > ニュース 一覧

【THE MATCH】元RISE王者・白鳥大珠、元K-1王者ゴンナパーと対戦の決定に「今回は喧嘩するつもりで行く」

2022/04/22(金)UP

白鳥大珠(左)とゴンナパー・ウィラサクレック

 6月19日(日)東京ドームで開催される『THE MATCH 2022』で元K-1ライト級王者ゴンナパー・ウィラサクレック(ウィラサクレック・フェアテックスジム)と元RISEライト級王者・白鳥大珠(TEAM TEPPEN)の対戦が決定した。
 ゴンナパーの前戦は今月3日の『K-1』で鈴木翔也に飛びヒザ蹴りで秒殺KO勝利、白鳥は昨年は決勝で皇治をダウンを含む判定で破りRIZINキックトーナメントで優勝、前戦は今月2日の『 RISE ELDORADO 2022』で秀樹に延長判定で勝利している。

▶︎【動画】ゴンナパーが飛びヒザ蹴りで秒殺KO勝利!白鳥が皇治にダウンを奪う瞬間

両者の身長差は13cm

 会見でゴンナパーは「今回この大舞台で、K-1のこの階級の代表として参戦できることをとてもうれしく思っています。自分の人生を振り返ってみても一番大きな大会だと思っていますので、全力を尽くして、本当にファンの皆さんに楽しんでもらえるような戦いをしたいと思っています」とタイ語でコメント。

 対する白鳥は「今回出場が決まって、僕2年前、3年前の大晦日のリングでK-1選手との対抗戦をやりたいって一回言ったことがあるんですけど、それが今回実現されてめちゃめちゃ楽しみにしています。今回、ゴンナパー選手が相手に決まったんですけど、K-1の元チャンピオンってことで凄いやりがいのある相手だし、今回出るにあたって、前回しょうもない試合しちゃったんで、今回は喧嘩、喧嘩するつもりで行きます。あんまり喧嘩したこと無いですけど、本当そういう気持ちで行くんで、楽しみにしてください」と意気込んだ。

■両者の主な経歴

ゴンナパー・ウィラサクレック

 ・ゴンナパー・ウィラサクレック(ウィラサクレック・フェアテックスジム)身長167cm/体重62.5kg/構え:左/戦績144戦 111勝(24KO) 30敗 3分
K-1のリングでムエタイの強さを見せ続け、第4代K-1 WORLD GPライト級王者、第5代Krushライト級王者となった。昨年の初防衛戦で朝久泰央に延長判定で敗北し、ベルトを失ったが、続く12月には西京佑馬に勝利して復帰を果たしている。前戦は今月3日の『K-1』で鈴木翔也にKO勝利を収めている。

白鳥大珠

 ・白鳥大珠(TEAM TEPPEN)身長180cm/体重63kg/構え:左/戦績33戦(10KO)23勝8敗1分
 高校3年生でWPMF日本タイトルを獲得。ボクシング転向を経てキックに戻ると、19年2月に秀樹にTKO勝利し第5代RISEライト級王者を戴冠。同年9月にはRISEワールドシリーズに優勝し世界王者となった。昨年はRIZIN KICK ワンナイトトーナメントで髙橋亮、皇治を破り優勝も果たした。前戦は今月2日の『 RISE ELDORADO 2022』で秀樹に延長判定で勝利している。

<決定対戦カード>
ゴンナパー・ウィラサクレック(ウィラサクレック・フェアテックスジム)
vs
白鳥大珠(TEAM TEPPEN)

▶次ページは【動画】ゴンナパーが飛びヒザ蹴りで秒殺KO勝利、白鳥が皇治にダウンを奪う瞬間

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・6.19東京ドーム決定に、武尊「全てを懸けて必ず勝つ」那須川天心「待ってるぜ」

・【THE MATCH】K-1vsRISEの王者対決など対抗戦!山崎秀晃vs原口健飛、さらに芦澤竜誠vsYA-MANなど8カードが発表

・K-1芦澤竜誠の「名前を出すな」にYA-MANが「勘違いメンヘラうなぎ野郎」と反論! 6月に実現なるか?

・【K-1】元王者・ゴンナパー、NJKF王者・鈴木翔也を左ヒザ蹴りで貫録KO

・【RIZIN】白鳥大珠が皇治からダウンを奪い完勝、ワンデートーナメント制す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」、「」、「」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧