TOP > ニュース 一覧

【THE MATCH】RISE王者vsK-1王者対決、鈴木真彦は「思いっきり倒したい」金子晃大は「団体を背負って戦う」

フォロー 友だち追加
2022/04/22(金)UP

RISE王者・鈴木真彦vsK-1王者・金子晃大の対戦が決まった

 6月19日(日)東京ドームで開催される『THE MATCH 2022』の追加対戦カード発表記者会見が、4月22日(金)都内にて行われた。
 RISEvsK-1対抗戦の図式で、第7代RISEバンタム級王者・鈴木真彦(山口道場)vs第3代K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者・金子晃大(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)の対戦が決まった。

鈴木が意気込みを語る

 ルールは契約体重が-55kgで3分3R(延長1R)。ルールは「THE MATCHスペシャルルール」として、掴みでのワンアタックは禁止だが、相手の首を掴んでのワンアタックは有効で調整中だ。

 鈴木はガンガン前に出て打ち合う攻撃的スタイルを武器に、RISEで活躍する現役バンタム級王者。昨年9月に那須川天心と対戦し敗北するも、11月には江幡塁との再戦で1R KO勝利。今年1月の拳剛との防衛戦ではKO勝ち、今年4月には江幡睦を圧倒して判定勝ちしている。戦績は37戦32勝5敗(19KO)。

金子はK-1を背負う宣言した

 対する金子は、類まれな格闘センスと豊富な練習量で頭角を現し、15戦 14勝(8KO) 1敗 0分を誇る現役K-1世界王者。今年2月には黒田勇斗をKO、璃明武をKO、玖村将史を判定で下して、ベルトを獲得。K-1最強を証明した。戦績は、15戦 14勝(8KO) 1敗 0分。

 鈴木は「出場が決まって光栄に思います。大舞台での試合で相手がK-1王者なので、夢の王者対決、自分自身も楽しみ」とワクワクしているようだ。金子については「シンプルに強い」との印象を語り「アグレッシブでパワーもあって、倒しがいのある選手。思いっきり倒したい」とKO宣言。

アグレッシブスタイルを武器とする鈴木
(右)

 一方の金子は「今までと違って団体を背負って戦う。チャンピオンとしてこの階級の選手の思いを背負って、倒すつもりでやっていく」とK-1王者としての覚悟を示す。鈴木のアグレッシブさを評価しつつ、「噛み合う」と熱戦を予感させるコメントを残した。

 金子は身長171cmで戦績は15戦14勝(8KO)1敗でKO率53%、対する鈴木は168cmで37戦32勝(19KO)5敗でKO率51%となっている。

<対戦決定カード>

今年2月のトーナメントでは進化を見せてベルトを巻いた金子(左)

▼THE MATCHスペシャルルール -55kg契約 3分3R(延長1R)
鈴木真彦(山口道場/第7代RISEバンタム級王者)
vs
金子晃大(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ/第3代K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者)

フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【THE MATCH】K-1vsRISEの王者対決など対抗戦!山崎秀晃vs原口健飛、さらに芦澤竜誠vsYA-MANなど8カードが発表

・K-1芦澤竜誠の「名前を出すな」にYA-MANが「勘違いメンヘラうなぎ野郎」と反論! 6月に実現なるか?

・天心vs武尊のチケット料金は史上最高額の300万円!

・シバターが6月のTHE MATCHで秋山成勲との対戦を要求! 果たして可能性は!?

・激怒タイソン、機内で泥酔した迷惑男を鉄拳制裁!“殴打”映像に「全盛期であれば、これで済まない」と多くの擁護の声

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧