TOP > ニュース 一覧

【THE MATCH】-55kg至高のテクニック対決実現、RISEの志朗「一番技術ある試合を」K-1の玖村将史は「事実上、日本一を決める試合」

フォロー 友だち追加
2022/04/22(金)UP

志朗(左)と玖村(右)のテクニック対決が実現

 6月19日(日)東京ドームで開催される『THE MATCH 2022』の追加対戦カード発表記者会見が、4月22日(金)都内にて行われた。
 RISEvsK-1対抗戦の図式で、志朗(Be WELLキックボクシングジム/ISKAムエタイ世界バンタム級王者)と玖村将史(K-1ジム五反田チームキングス/第6代Krushスーパー・バンタム級王者)の対決が実現する。

志朗がコメントする

 ルールは契約体重が-55kgで3分3R(延長1R)。ルールは「THE MATCHスペシャルルール」として、掴みでのワンアタックは禁止だが、相手の首を掴んでのワンアタックは有効で調整中だ。

 志朗は日本では新日本キックボクシング協会で活躍し、16年1月にはISKAムエタイ世界バンタム級王座を獲得して2度の防衛に成功していた。その後18年からはRISEに参戦し、那須川と2回に渡る熱戦を演じた。21年7月から開催された「DEAD OR ALIVE 2021 -53kgトーナメント」では準優勝。今年4月には江幡塁との再戦で、ハイキックでKO勝利。

玖村が意気込みを語る

 対する玖村は、今年2月の第3代K-1スーパー・バンタム級王座決定トーナメントで、一回戦で鬼山桃太朗、準決勝で佐々木洵樹をKOして決勝へ。決勝では金子晃大に判定負けを喫したが、トップクラスの実力を見せている。長い手足から繰り出す卓越したテクニックの打撃が持ち味。

 志朗は「大きい舞台に出れるのは嬉しい。玖村選手は意識していて、彼とだったら一番レベルが高い試合を見せられる。RISE代表として出るので、RISEの強さを見せつけられたらと思います」と団体を背負う覚悟を示す。

ハイキックでKO勝利した志朗

 対戦する玖村については「K-1イコール打ち合いのイメージが強いけど、打ち合いに持っていくまでの技術が高い」と高評価。「一番技術のあるレベルの高い試合を見せられると思っている」と、高い技術戦を予感させるコメントを残した。

 一方の玖村は「僕はこの試合が事実上、日本一を決める試合と思っている。K-1を作っていく人間として、K-1を体現して玖村将史が最強ということを証明する」と意気込む。志朗と自身のスタイルは「似ている」と分析しつつ、「この試合が一番レベルの高い試合になると思う」と予告した。

 玖村は身長168cmで戦績は23戦19勝(10KO)4敗でKO率43%、対する志朗は165cmで国内では33戦25勝(11KO)4敗4分でKO率33%、タイでも豊富な試合経験を持つ。

アグレッシブにパンチで攻める玖村

<対戦決定カード>
▼THE MATCHスペシャルルール -55kg契約 3分3R(延長1R)
志朗(Be WELLキックボクシングジム/ISKAムエタイ世界バンタム級王者)
vs
玖村将史(K-1ジム五反田チームキングス/第6代Krushスーパー・バンタム級王者)

フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【THE MATCH】K-1vsRISEの王者対決など対抗戦!山崎秀晃vs原口健飛、さらに芦澤竜誠vsYA-MANなど8カードが発表

・【THE MATCH】山崎秀晃vs原口健飛が決定、「完膚なきまでに叩きのめしたい」(山崎)「僕がやりたい人とやれるんですごくワクワクしています」(原口)=6.19

・6.19東京ドーム決定に、武尊「全てを懸けて必ず勝つ」那須川天心「待ってるぜ」

・天心vs武尊のチケット料金は史上最高額の300万円! 武尊「高いと思いましたが、その価値がある試合」天心「歴史の教科書に載りたい」

・K-1芦澤竜誠の「名前を出すな」にYA-MANが「勘違いメンヘラうなぎ野郎」と反論! 6月に実現なるか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」、「」、「」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧